永遠のサンリッツパン ミニカニパン偏

さっきコンビニで見つけ、心の中でスキップして買って帰ってきたものがこれ。
ミサイルやイスラエルや相撲だとかでいつも世の中は騒がしいが、ほのぼのしててなんだかいい。

d0207730_17053429.jpg
子供もおっちゃんもみんな大好き、カニパン。泣く子も黙るサンリッツのパン。
僕が知ってる2匹入りの昔ながらのカニパンより小型化されたようだ。
ちょっと大きすぎるがズワイから沢ガニになったようで、かわりに個体数が増えている。


そして、、その隣には亜種も出現していた!

d0207730_17074280.jpg
チョコのカニパンである。生物学的に言えば突然変異体となるか。加工食品(これは菓子なのかパンなのか?)のバリエーション化という点では古典的で安直とも言えるが、こういう安もん味のチョココーティングに僕は昔から滅法弱い。視界に入って認識→理解した0.3秒後にはほぼ無意識にカゴに放り込んでいた。食ってみて気に入った個体や珍しい個体を目撃した際にはできるだけ速やかな捕獲、保護が大事を身体に染み込ませているのは、過去にスコールのパイナップル味の追加捕獲失敗で悔し涙、さめざめと枕を濡らした苦い経験からだ。

さて肝心の中身であるが、味は全て昔ながらのサンリッツの味なので特筆すべき点はなくすぐに頭に思い浮かぶパサパサしたあの味。
なので双方とも自分にとっては初めて見る個体なので外見の観察からはじめなければいけない。


d0207730_17113417.jpg
こちらはプレーンの方。。 うーん、、、カニと言われればそうか、そうだなと認識できるが、作り方を間違えたキャッチャーミットと言われてもそうか、そうだなと納得しそうな、もし陶芸家であれば「駄目だ!」を連発し釜の裏山で汗だくになって叩き割ってそうな、出来損ないに近い造形である。大きいカニパンは身体の部位を小さい子でも目視認識でき、そしてそれらをスポロガムよろしく線に沿って引きちぎってバラして食うのが基本的なお作法だが、これは小ささも相まって縦3等分のバラバラ食いしかできそうにない。


期待のカニパンチョコの方はもっとすごいことになっていた。。。


d0207730_17151017.jpg
もはやカニというスタイルなど10万光年ほど遠ざかってしまい何が何だかわからない。

細かいディティールはチョココーティングに埋め尽くされ、激しく肥えたバットマンかブラックデビルだとか、レンズを付け忘れた昔のブラックボディのカメラみたいにも見える。これ単体だけでカニパンと認識するには初見デフォルトでは難易度が高すぎる。


d0207730_17174387.jpg
しかし、口に入れるとプレーンは懐かしくほのかに甘いあの味が口の水分を吸収しながら全体に広がり、パサパサ感もほどよい感触として喉を通っていく。同じ味なんだから当然といえば当然か。チョコの方はチョコレート菓子独特の安もんのチョコの味とサンリッツの味との安もん同志のハーモニーが絶妙。よく既存のチョコ菓子がグレードアップしたり期間限定などと、本質を見失いチョコの質に拘ったりしたモノが散見されるが、たいがいはどこかバランスが悪く不味い。このカニチョコは自分の立ち位置というのをよく自覚、理解している逸品と言えよう。

しかし3個/1パックとは少々強気の印象を受けて残念。

ヒョイパクを2回繰り返してあっという間のラスト一個をいつ食べようかと頃合いを見計らったりする辺り、子供の頃から変わっていないのに気づいて笑ってしまう。また買えばいいのにご飯を食べたあとの至福の瞬間としてちょっとおいとこうか...だとか、そういうことを考えるとき、写真のピントを合わせる時に負けないくらい同レベルで真剣だ。



 



[PR]
by shonencamera | 2017-12-26 01:07 | 徒然事 | Comments(6)
Commented by EIZOU at 2017-12-26 19:58 x
食品・味覚に関する記事は珍しいですね。
タイトル初見、サンリツ カンパンと見間違えて、非常食のカンパンのことかと思ったら、自分もコンビニで見かけたことのあるカニパンでした。でも作っているのは同じ三立製菓なんですね。源氏パイも同社ですね。
サンリッツと呼ぶのが大阪では正しいの? リッツカールトンみたいでリッチな感じになりますが。
自分も撮影帰りの糖分補給にチョコ付きパンやドーナツはよく食べます。安いチョコクリームはカカオなんてちょびっとで脂質と水飴の代物でしょうけど、小腹を満たすには丁度いいですね。
Commented by full_break at 2017-12-27 10:53
こんにちは、サンリツパン!懐かしいですね。多分20年以上食べてませんが味は思い出せます(笑)
いつからカニになったんでしょうね。僕が小学校の頃はまだ四角いのだったと思います。スクエアふたつ?だったような....
久しぶりに買ってみようかな

それにしてもチョコはほんまカメラみたいですね。似たモノみつけて並べてみたいです。
Commented by shonencamera at 2017-12-29 00:13
言われてみれば...サンリッツは古くからの口述でのすりこみなのでローカル局地的な呼び方なのかもしれません。会社名は三立製菓ですので恐らくサンリツパンが正しいような気もしてきました。乾パンも源氏パイも同じく、本当に息の長い超スタンダードトラッドになりつつありますね。スクエアふたつのものはものすごく昔のような気もします。すごく懐かしい。校舎とかが浮かんでしまいます。

長丁場撮影時の合間の栄養補給には、手軽に腹に落とし込めるパン類などがとても有効ですね。糖分を主に補給する為にカメラバッグには必ず「メントス」を備蓄しています。同じ目的ではキャラメルなども良いのですが、包のゴミが出ないことから、あれこれ試した結果一番使い勝手が良く、長年愛用しています。
Commented by EIZOU at 2017-12-29 12:17 x
会社のホームページを見てみたら、チョコバットもでした。もう食べてないので記憶の限りですが、カニパンと食感似てるかも知れませんね。
「ちぎってかにぱん」のページがなんとも。
虫や動物はわかりますが(それとて元のカニからはかけ離れてますが)、機械やじゃんけんとは・・。
Commented by shonencamera at 2017-12-31 02:05
チョコバット、これはもう僕にとってのスタンダード食品といっても過言ではないもので、あまりにも自然すぎて書くのを忘れていました。そういえば同じ会社です。
ということから僕はサンリツが作るあのテイストにマッチングしまくっているともいえます。昔は20円という単価が他の駄菓子単価が10円以下だった中では(5枚で10円という煎餅もあった)グレードが高いお菓子でした。ヒット、ホームランでもう一本もらえる可能性があるという小さな博打精神も養い、それに一喜一憂できるという教育的な面も併せ持つ素晴らしい商品です。今でもあちこちで容易に購入することができ、たまにチョコバットだけでそれなりな空腹を満たしたい衝動にかられ、大量のチョコバットを抱えてデジに行くと怪訝そうな顔をされるときがあります。カニパンよりも乾パンに近いテイストで、乾パンよりも少し柔らかい点が絶妙です。夏場では開封したら悲惨な状況になるケースが多く注意と経験が必要ですが、涼しくなってからのチョコバットは撮影時の補給食品としてもかなり高パフォーマンスを発揮します。
カニパンのHPはなかなかぶっ飛んでて楽しいですね。今のゲーム・スマホの子供たちがああいうことをしているのかどうかはわかりませんが、もしして遊びながら食べていたらまだ平和で良いことだと思います。
この返信は、カバヤのフィンガーチョコをもしゃもしゃと食べながら書いています。とても美味しいですありがとう。あのアルミ包装は時々歯の治療跡に接触してビククン!となってしまうのも、あいかわらず時々やっちゃいます。
Commented by EIZOU at 2017-12-31 21:59 x
チョココーティングはもしかしたらカニパン用もチョコバット用も一緒かもしれませんね。ミニかにぱんチョコは秋・冬限定のようで、やはり夏は溶けやすいので作らないのでしょう。ブラックサンダーは夏でもあったので、ベトベトしながら食べたことがあります。
カニパンちぎって、形を変えて友達と遊んでもシェアするのは衛生的にちょっとかもしれませんね。チョコだとなおさら・・。
銀紙噛んで「あ゛ぅ゛!」は健康な歯なら大丈夫なんでしたっけ? 知覚過敏でもなるのか、電気が走る感じで自分もアレはダメです。


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

中華カム 深追い そして見事..
at 2018-07-31 12:39

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
写真屋さんになる
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ