埼玉-長野 中津川林道 三国峠

せっかく遠征してますので林道も走ります。
当初は林道数珠つなぎお腹いっぱい!を考えてたんですが、この週天気がずーっと悪くてルートも内容も大幅更止む無く。。。

d0207730_22184777.jpg

何故かは事情of大人なので端折りますが、とにかく秩父湖の上の滝沢ダム側のR140を早朝に通過。

ダムんとこはループ橋になってて
d0207730_22222988.jpg

一枚じゃ足りません。

d0207730_22225873.jpg

パノラマってみましたが・・・全然おもんないですね、フーン・・・ですね。
次いきましょー!


d0207730_22233912.jpg

快適ですが全くおもしろくもない国道から、ようやくワクワクする細い道に入ります。

d0207730_22242575.jpg

別に悪気は全く無いのは先に書いておきますが埼玉って距離が距離なので
大阪に住んでる僕からしたらたぶん何かきっかけが無いと一生行かないだろうなぁって思ってたら
なんのこたーなく、今ここが埼玉で、「うわっ、秩父って埼玉なんや!」 ...お恥ずかしい。

d0207730_2226919.jpg

なにか言われの有りそうな御木。
切ろうもんなら気が狂ってもがき苦しむことになるんだろうなぁ~。

などとしょーもないことを早朝から。 先を急ぎます。


d0207730_22273847.jpg

ダム湖の看板もしっかりキレイに完備。
写真とか撮らなかったけど、立派な青少年野外活動センターみたいな自然ぶっ壊して作った自然と触れ合う施設もありました。
周りになんも無いのでそこの自動販売機でポカリが買えたりして自然センターありがたいです。

d0207730_22314019.jpg

埼玉・群馬・長野の県境を越えていく17kmのダート。

d0207730_22311643.jpg

中津川林道へはなんと標識も完備。かなり地元民御用達なんでしょうか。林道ではこういう待遇は初めてです。

d0207730_22331627.jpg

道を間違うこともなく入り口に。 ここからエア圧下げて準備。

d0207730_22341094.jpg

しっかり固められたダート。SR400とかでも全然走れそうです。

d0207730_22345876.jpg

序盤は素掘りのトンネルとかが出迎えてくれます。

標高をこの先2000mくらいまであげるのですが、まぁ特筆するほどハードでもなく
かといって最初みたいな平坦ダートかというとそうでもなく、展望がすごい!というわけでもなく
それが17km延々続くという道。

僕は長野に出て八ヶ岳にズドーン!と行きたかったので選びましたが
普通はちょっと上の国道だとか下の方から、特に関東からは中央高速であっという間に清里ですから
好きじゃないと選びませんね。でも長くていい林道だなーって感じで好きです。

d0207730_22395067.jpg

走ってる時は楽しんでるので写真がありません。あっという間に峠到着です。こちらはさいたま側。

d0207730_22403992.jpg

切通を抜けると

d0207730_22405558.jpg

こちら舗装の長野側。なんとなく雰囲気変わります。

この峠のすぐ北に、御巣鷹山~高天原山があり、あの日航機事故の現場です。
ちょっと停めて、北向いて手を合わせてから長野に降りていきましょう。

d0207730_2243690.jpg

長野側に降りる途中に支線があるんですが、かなり厳重なガードと、「来るなバカ野郎」オーラ強固です。
どんどんと舗装されて、これでもかゲートロックされて、走れるトコがなくなってくるのは
白黒フィルムのようでさみしい限りです。

単車で走られるのってやっぱうっとおしいもんなんかなーと違う林道で地元の人に聞いてみたことあったんですが
「一番やっかいなのはゴミだよ、ゴミを捨てにくるんだ。夜中に、それも粗大ゴミとかね」
ということらしいです。


d0207730_22482673.jpg

八ヶ岳が・・・たぶん奥にみえてるとおもいますが・・・
どれがどれやら案内図みたいなん無いと僕にはさっぱりわかりません。

明らかに空気も景色も色も変わったのを感じて、さぁ~、長野走るぞー!



そうだ、今回の写真は全部OLYMPUS PL3です。

使い慣れてないのでややこしいことは諦めて全てフルオートモードで撮ってます。
EOSがお辞儀してくるほどめっちゃくちゃキレイに撮れる時もあれば
いきなりコンデジっぽい画になったりして慣れないと思うようにいきません。

測距点がちょっと変わると露出が数段くらいコロっと変わってしまうとこや
オート露出とオートWBの具合に時々「ん・・・(-_-メ)?」と感じることがありましたが
もうPL3は2世代前なので現行機種はもっと良いんでしょう。

ファインダーが無いのでヘルメットを脱がずにパチパチ撮れるのは今回とても重宝。
軽いので走ってる時も首からずーっとぶら下げてます。
峠を全開でコーナリングしてる時ももちろん首からブラブラしてます。
ライダー用に左手でシャッターが切れたらいいな。サムライとか左きき用ありましたね(懐)

上下に少しチルトする液晶は途中から「あ、そうだそうだ」と使いはじめると便利ですが
縦位置の時にもチルトのままだと「なんでこんなに液晶見難いんやろ・・・」と、しばらく頭がついてこないときがあり
「ちゅーか・・・無理やん!」とひとりボケ・ツッコミしてしまいます。
素直にアームつけてバリアングル化希望です。

型落ちは安価なのでメーカーには申し訳ないほど無茶苦茶な使い方ができてありがたい。
でも、こんなカメラがほんの数万円で変えてしまうって、メーカーって儲かってないんじゃないの?
と心配になります。
[PR]
by shonencamera | 2013-08-11 22:17 | 単車系 | Comments(4)
Commented by kan at 2013-08-11 22:43 x
おじゃま!
おもろそーやん~
過激な林道に遭遇したらヤバそうなリヤタイヤやけど
フラットダートならokやな・・・
ディグリーでD604装着で林道行ってた時が懐かしいわ~
AG譲りのバークバスター、いいねぇ!
Commented by shonencamera at 2013-08-11 23:32
Rタイヤは高速道路の移動が半部以上やから苦渋の選択なんよ。
でも舗装路もダートも充分なグリップやったで。
適度に滑る感じが心地よかったわ。
スキー場のヒルクライムとか、よく行ったあの急坂林道とかな
あんなん以外やったらエア圧抜いたあれでほとんどの道走破できるわ。
ハンドルのんそんな名前なん?知らんかった(笑)
懐かしいな、どこにでも行ったよなぁ、AGで。
Commented by blue_harley at 2013-08-13 11:50
えらい遠いとこまで〜秩父!って埼玉?埼玉は行かんやろな。バイクでは。。
素堀のトンネルええ感じ
Commented by shonencamera at 2013-08-13 12:21
まぁ走ってみると横田基地ここかぃ!!とかいろいろ面白かったよ。
もっと若いうちにあっちこち行ったらよかったなーって思ったわ。


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

中華カム 深追い そして見事..
at 2018-07-31 12:39

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
写真屋さんになる
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ