スクリュードライバー

ここ最近こもってしまっているのでカメラ・写真ネタでは無く、工具の話。

愛馬復活宣言の後の歩みは、ノロくてどーしよーもねーなと自覚しているが(ごめんねー)
それなりに準備はしていたりする。
d0207730_5452164.jpg
長く長く寝かせたキャブを掃除するよりもてっとり早いかと、S&SスーパーEのスペアを準備。今こうして第三者的にみると可変ベンチュリーじゃないシングルキャブなんか化石かと思う。それでも純正とは開けた時のトルクの出具合はぜーんぜん別モンなんだ。
写真は加速ポンプのお掃除中。

d0207730_5482176.jpg
メインも重要だが日常使いにはもっと重要度が高いインターミディエイトのジェット。前は6種類くらい持ってたのだがいったいどこにいったのだろう・・・(T_T)

d0207730_5495745.jpg
アメ車をいじる時に一番よく使う工具といえば、プラスドライバーはほとんど要らず、ヘキサゴンレンチとマイナスドライバーなのだ。マイナスドライバーなんて国産じゃ事故車をいじる時にしか使わないほどの頻度だが、アメリカ産の車両には何種類も用意しないといけなくなるほどマイナスネジのオンパレード。よくまあこれでトルク管理ができるよなぁと思うほど大事なトコにもマイナスを使ってたりする。
マニホールドにぶっ刺さってるのはPBのヘックス。インチでわざわざPBという辺りがかなり変態度高い。
後述するドライバーと同様にPBは粘りが少なく硬度感が高い。好みもあるが緩む瞬間や締めた、と感じるポイントがわかりづらく性能は高いが性能とは違うトコロで少々使いにくい。

この辺りから「あ、ちょっとネタにしよっかなー」と思ってインチ工具を用意しながら
スクリュードライバーの写真を撮りまくった。沢山あって途中でめんどくさくなったので抜粋。

d0207730_5522991.jpg
PBといえばスクリュードライバーが一番有名かな。
ずっと昔は一番上の透明な柄のヤツしか日本じゃ手に入らなかった(この透明柄のPBはヽ( ・∀・)ノ ウンコーの匂いがするので有名 ちなみに輸入元の営業に「ウンコの匂いはクレーム対象なるか?」と聞いたら「ウンコの匂いはデフォルトなので対象にはなりません」と返事がきた。今はどんな匂いがするんだろう、やっぱりまだヽ( ・∀・)ノ ウンコーなんだろうか)

さて、ウンコ臭は置いといて、、、

ところが昔の日本の整備士はみんなドライバーをガンガンぶっ叩いて使うので柄が割れたりして(ま、そーゆー使い方だと当然だが)「貫通なんで無いんじゃ!」という声に渋々PBが応じた(ホンマに応じたのよ)のが真ん中の黒い柄の貫通型。
しかしその貫通型でPBの良いトコロが逆に仇となってしまった。チップ(先)が欠けてしまうことが多発。

PBのブレードの精度はとんでもなく最高なのだけど、粘りが無いのか硬すぎるのか(詳しくの詳しくまではよーわからんけど)とにかく超精度と引換に「チップよさよーなら~」という事態に何度も遭遇した。貫通型は特に多く、プラスの3番を飛ばしたこともある。あんなでっかい頭のどこをどないして壊れるねん・・・と思うが、ホンマに飛ぶのだ。

ということでPBは精度が良すぎ、先っぽ硬すぎということであんましハードユースにはあまりお勧めできない(フツーに使う分には全然最高品質)

d0207730_631397.jpg
こちらはアメリカ産のプロト。木製グリップが雰囲気バリバリだが、PBとは全く正反対にブレードをそのまま削って先を作った、というくらいの精度で焼き入ってへんのんちゃうん?っていうくらいに柔くすぐに↓

d0207730_65651.jpg
こうなる。 メーカーによるとこうなったら、グラインダーで先を研いでまた使ってください、とのこと。 おおらかなりアメ公である。

d0207730_612869.jpg
昔は超マイナーだったおフランスのファコム。隠れた逸品工具が沢山ある。ドライバー類も非常に質が良く、プラスもマイナスも先端処理がキチンとされていながらデザイン良く、そして華奢に見えるがしっかりと強度があり、ネジレた時の「しなり」や「もどり」という感覚的な具合もちょうど良い。特に昔は国産マイナスドライバーは総じて柄の幅よりも先が広がっており、誰もそれを不思議に思わなかったが、ヨーロッパの工具は「柄の幅がブレードの先の幅」、それが一貫しており「これはすごい!これが欲しかった」と無理して揃えた。ずいぶん後で知ったがDIN規格かなんかで欧州の規格がそうなっているんだそうだ。
キャブのジェットが回せずに、抜けずに困った人ならこの話もわかるかもしれない。僕がファコムを手に入れた後で「キャブ専用ドライバー」とかいうのがSSTとして出回ったりしたのを見たことがある。

d0207730_6214892.jpg
で、ブレードがぶっ壊れたドライバーの第二の人生は、サンダーやグラインダーで好きなように加工して、専用のSSTに生まれ変わることである。捨てちゃ勿体無い。これが無いと回せないモノがある(ちゅーか、そんな箇所作るなと言いたい)。

d0207730_624065.jpg
で、ようやくカメラ系にすこしカスるかなぁというのがプラスでいえば0番以下、マイナスで言えば0.5x3.5以下くらいのドライバー。 

ここは過度なトルクが必要無い世界。ここでは逆にもう全てにおいてPBの圧勝。どうしようもない程最上級の精度はプラスであれば差し込んだ瞬間に涙が出るほど。絶対回せる、緩む。もしPB使ってアカンかったら他じゃもっと穴掘るだけ、ドリルの出番だ、というくらいにPB以外の選択肢は無い。特に矢印は最高の逸品、メガネの柄の増し締めも「キュッ」っと一発で決まる。国産はなんだかグニョグニョとした締まってるのかどうだか手に伝わらない感触。

ホームセンターで容易に手に入る中ではベッセルの後部が黄色(-)と赤(+)がオススメ。これは割とキチンと使える。精密ドライバーは僕は使う頻度もすごく低いのでもうよくわからない。お手軽にホームセンターでそれなりな値段のモノを買ってはいるが、精密ドライバーで「おぉ!」って感じたモノを手にしたことがない。どこかにたぶん「これは良いなぁ」というモノがあるんだろう。

d0207730_728555.jpg
さぁ、インチ工具だいたい発掘完了。あとはバッテリーとガソリンだな。
[PR]
by shonencamera | 2011-02-05 07:29 | tips(小ネタ) | Comments(3)
Commented by かっぱ at 2011-02-05 15:30 x
あら?ハーレーですか?
Commented by ヒロキチ at 2011-02-05 19:19 x
どっかのカクテルかと思いやした(~_~;)
ハーレーってシングルキャブやったんや・・知らなんだわ。
Commented by shonencamera at 2011-02-06 01:44
永遠の眠りにつくかどーかという雰囲気だったんですがぼちぼち目覚める時がやってきますた。

>ハーレーってシングルキャブ
ツインキャブもあるにはあるんですが、アフターマーケットのキャブでもポピュラーなのはやはりシンプルなシングルキャブみたいです。しかも直線重視な為にアメリカ産のはほとんどが固定ベンチュリー。エンジンパーツはほとんどドラッグ的なとにかく猛烈パワーUP系ばっかしで、国産やドカとは全くアサッテのベクトルですねー。


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

中華カム 深追い そして見事..
at 2018-07-31 12:39

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
写真屋さんになる
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ