タグ:MG8000 ( 3 ) タグの人気記事

EOS80DでMG8000を使う方法 

マシンガンストロボMG8000はもう新しいEOSではTTL調光に対応しない、という記事を前に書いた。
ボディ自体は新しい方が何かと都合が良い場合が多く、苦々しい思いをしていたのだがフト閃いた方法を実戦で試してみるとなかなか良い使い勝手だったので紹介してみよう。

d0207730_02593999.jpg
コンソールのモードセレクト画面で、MG使いならばほとんどの人が「TTL」か「M」を選択すると思う。


d0207730_03014396.jpg
ここでAVを選択する。AVといってもゆとり世代はさっぱり浮かばないかもしれないが、昭和世代ならば懐かしい響きの「外光オート」と言えば合点がいくだろう。

EOS80Dはシンクロ速度が1/250と中級機種なのに高速で優秀なスペックをもっている。
なのでカメラ本体では基本SSを1/250に固定して(Mでもいいしシャッター優先オートでも良い)絞りの出具合でストロボ側のAV値を変化させる。

そうすると、TTLを用いなくてもMG8000で文字通りマシンガン撮影をすることが可能となる。

考えてみればごく普通の自然な組み合わせなんだが、TTLで楽な撮影が染み付いてしまうとこういうことも浮かばない身体に成り下がってしまっていたようだ。便利になると人間アホになっていくという好例である。


実戦ではピーカンの屋外スナップで1日約5000ショット、2日で約10000ショット用いた。
仕事撮影なので作例をUPできないがMG使いならば結果は容易に脳内で想像することができるだろう。
ISOは当然100固定、SS1/250だとFは8を中心に5.6~11の間でほとんどの撮影となる。
なのでストロボ側を6.3や7.1程度にしておき、EOSの親指のサブダイアルで絞りを状況や+-1.0でコントロールしながら撮ると、ほぼ適正となる。
太陽に対して順光か逆光か、対象が女の子か男の子かでダイアルのさじ加減は変わり、これが適正というのは数値では言えないが、MG8000が外光オートを搭載してくれていたので新機種への自己対応も可能であったというわけだ。
屋内のイベントではもっと楽かもしれない。つまりストロボ光だけでほぼ全てを撮影するケースだからだ。この場合はもうフィルム時代の昔と全くいっしょ。露出セイムイコール光量は全てストロボ任せで良く、撮影は構図とピンに集中できる。加えてオーバーヒートの心配も要らなくなる。

また、書きながら思い出したが、EOSボディのモードでマニュアル・シャッター優先に加えて、メニューでAVストロボ使用のSS速度で1/250固定を指示していれば絞り優先モードでも同様の結果が得られる。設定の多様化で色んな組み合わせができるようになったので、頭の柔軟さを駆使すればもっと違う方法で色んな撮影ができるかもしれない。

今回は、かなり実用的だがかなりマニアックで数える人しか「おぉ、そうか!」と膝を叩いてくれない記事だと思うが、MG8000がまだ現役で活躍できる方法としてはなかなか良い案ではないだろうか。これで例えば新型ボディを持っているんだが、MGじゃないと撮れない過酷な現場なので旧ボディを持っていかねばならぬ、というアホなセレクトもしなくて済む場合が多くなる。

まぁ、NISSINじゃなくともどこかがMG同程度のタフでシンプルなストロボを発売してくれれば良い話なのだが、もうそんなこともこの先おそらく無いだろう。



 



[PR]
by shonencamera | 2017-11-19 03:29 | ストロボ系 | Comments(3)

祝! マシンガンストロボがリニューアル 祝!

d0207730_03504155.jpg
なんと耳を疑うニュースが飛び込んできた。
NISSINがマシンガンストロボの後継機を作る、というらしい。しかも、2017年度中に発売だそうだ。

http://www.nissin-japan.com/2017/02/2017-a376.html

先のMG8000が最新ボディに対応しなくなって悲しいという記事をUPしたときに、もしできるのならば後継機を、と願ってはいたのだがモノがニッチそのものであり、儲けとかは難しいんだろうなぁと想像していたので、願いながらもハッキリいって諦めていた。

しかしNISSINはやってくれた(まだだが)。男である! いや、今の時代そういう表現をすると具合が悪い...。
とにかく大英断である、世界中で、ものすごくややこしく小難しいことばっかり言うおっさん連中が喜んでいることだろう。
やってくれるぜ、ほんとうに嬉しい。

しかーし、ただ両手をあげて喜んでばかりはいられない。
思想や行動は素晴らしいのだが、必ず何か余計で要らぬことも漏れなくやってくれるメーカーであるので(例えばバッテリーマガジン、BM-01で統一するのかと思いきや、いきなりBM-02をしれーっと出して平気な顔をしているとこなどね)詳細がわからぬ今はさて一体どういう呆気にとられてしまうようなサプライズを盛り込んでくるのやら、と、そういう眼でも見ている。

ひとつわかっていることは光量がUPするらしい。
個人的にはもうあのボディサイズで無理してそこまでせんでもいいとは思うが、今はまさかのGODOXの意外な躍進などで純正ともども戦国時代になっているからアピール面も要るのだろうか、MG8000でもクリップオンにしては大光量で80wsもあるので、今度のはもしかしたら100Ws近くまでいくのかもしれないと想像する。

その値は過去に各社製造していたグリップストロボの光量に近くなる。

グリップストロボのたいていは35mm照射角固定でGN40-45、100~120Wsくらいだった。クリップオンストロボには照射角のズームというアドバンテージがある、そこにもし100Wsのヘッドがのっかれば、非常に有利なのは明白だ。

MG8000はほんとうに発光部も本体のどちらも今までのクリップオンストロボとは比べ物にならない程の耐久性がある。現場で純正が次々とダウンしていく中、同様状況でTTLが時々あぽ~んする以外は(まぁこれもどうかと思うが...)機械的には全く問題も無く必ず最後までMG8000は平気で光り続けてくれる。そういう実戦結果から世界一タフなストロボだと常々実感、感謝しているので、今度のも同等かそれ以上のものとなるのは間違いないだろうが、発光量も確かに大事だろうが内部のコンデンサー強化や回路の耐性UPなど、電気素人には見えなくわからない箇所により一層金を注いで、内外ともに宇宙一のクリップオンを目指して欲しいと願う。

いったいどういう代物になるのか、いつ発売されるのか、全然わからないことだらけだが、とにかくありがとう、NISSIN。
手にするその日がとても楽しみだ。






[PR]
by shonencamera | 2017-02-23 21:47 | ストロボ系 | Comments(4)

MG8000 EOS80D非対応に涙す

d0207730_143594.jpg

昨年末にEOS80Dをメインカメラ、EOS7D2超広角用としてイベント撮影をした際、EOS80Dに装着していたMG8000が撮るにつれて調光しなくなり暴れだした。フル発光が数回確認できた時点で「何かおかしい」とすぐに予備の純正に交換。EOS80Dを手に入れてからのテスト撮影では暴発は発生確認することはなかった(たまたまだったのかもしれない)。
もしテスト段階で暴走確認できていれば、もっと早く知っていただろう、
もうEOSの新しいボディにはMG8000は対応しないという事実に。

外部電源PS8の電源コードにも新旧があり、Canon用は無償交換するとのことをたまたまHPで知り、僕のは2本とも旧タイプであり、うち一本は皮膜も剥けてしまっていたので交換お願いに発送する際に、MG8000もいっしょに発送してチェックしてもらおう、と思って返ってきたのが
「申し訳ないが 80D 非対応」との知らせであった。

送り返されたMG8000とチェックシートを読んでから、HPを検索してみると、確かにあった。

----------------------------------------------------------------------------

現時点でオンカメラ(ホットシューに直接のせる普通の使い方)で使えないのは

EOS-1D X Mark II / 5D Mark IV / 80D

----------------------------------------------------------------------------

とある。なので、これから出る新機種もきっと対応しないだろう。
1DX、5D3、7D2、70Dまでが最後の対応機種ということだろう。

機械的な難しいことはわからぬが、長らく続いてきたEXストロボの制御系統などが、カメラボディ側で大きく変わった可能性が考えられる。純正だけを認識するものなのか、またそういう商業的な面ではない変更なのか、そこらへんはわからない。

世界で唯一の最強で最高であり他の追従を許さなかったマシンガンストロボ、
同時に今までかつて無いほど最低な操作系のこの変態ストロボは、カタログ落ちしてからとうとう現行機種に使えなくなってしまった。。

ほぼ全てのショットをストロボ発光で撮影するイベント写真屋には頼りにしていた利き足をもぎ取られた感もあり、正直非常に痛い。。7D2がまだ対応ということが救いといえば救いだが、7D2も発売当時の喝采と栄光は一瞬で落ちてしまい、誰も想像しなかった非常に苦しい立ち位置のボディとなっているので今後のボディ選択に悩むことになりそうだ。

NISSINジャパン社は今回のMG8000のチェックや過去簡単なトラブル対応にもすぐに対応して頂き、またPS8のケーブル交換などアフターにも誠実に対応してくれる珍しく印象の良い会社と感じている。外部電源ケーブルを各種追加で購入してケーブルだけでも数万円分買っている側からすれば、売りっぱなしで損傷すれば終わり、新しいの買ってくださいというのがデフォルトになりつつある世の中で頼りにできる会社ともいえる。

MG8000の後続機種は考えていないようでそれは「そうか...」と受け入れてきた、採算が合わぬだろうのは解る。
MG8000が今後の新しいボディに対応しないのであれば無理を承知でユーザー救済の意味も含めてE-TTLがしっかり対応するNEW MG8000を考えてはくれぬかと望む。
もし考えてくれるならば、旧型でも今までの中で最強のスペックだった基本性能を維持、できることならそれ以上に特化、強化することにエネルギーを注いで欲しい。

純正より先にNISSINが流行らせようとした合法の無線系は真っ先に具現化した結果も志も素晴らしいが
MG8000を使うスナップ一枚百円~という商業写真屋は、結局ONカメラで撮りまくるのが現実であり、無線などほぼ使わないので搭載しないで欲しい。
そういう用途が必要な場合(ほとんど無いがもしあれば)違うストロボを使うか違うアプローチを考える。
例えば本来の性能以外の付加価値的要素が壊れ、それが原因で撮影続行ができなくなる可能性が少しでも増えるのは避けたいのだ。
ライブ現場での多灯やオフカメラは、やはりまだ有線ケーブルでの使用が一番トラブルが少ない。
スタジオなどでタイムラインをカメラマンがある程度掌握できる撮影現場と比べると、ライブ撮影の実際は要求も環境も全く異なるのだ。

ただひたすらM / E-TTLの指示に忠実に発光し続けてくれるストロボ、それが最強最高のストロボであり
過去全てのクリップオンストロボの中で、MG8000がぶっちぎりで一番それに近かったのだ。

そういうストロボの意味を知っている、作ってくれるのは、世界でもNISSIN以外に無いだろう。





 

[PR]
by shonencamera | 2017-01-15 02:40 | アクセサリー系 | Comments(2)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

カナレ 極細ギターケーブルは..
at 2017-11-22 12:00

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ