電車

d0207730_04053315.jpg
電車の写真がきたからといって今回は鉄コーナーでもない。遠足同行撮影の際に乗った車両なんだけど、なんだか懐かしい昭和な香りがする電車だった。

場面展開の際など、シーンとシーンの合間にこういうなんでもないスナップショットを入れておく、閲覧する際に「あぁ、ここからエリアが変わるんだな」ということが自然と見ている人が認識する為に入れる。掲示写真というのは壮大な組写真ともいえるし、パラパラロードムービーかもしれない。学校の児童数にもよるがほとんどが子供がみっちみちに詰まった写真(そういうニーズなんですね、引いた風景に子供がいるような説明的な写真とかはほとんど売れ残ります)が延々と続くので、見ている方も我が子サーチモードで見ているので選びながら閲覧テンションは高いと想像するのですが、人間そういう写真ばっかりだとしんどくなるだろうなぁと、まぁとにかく見やすくする為の捨てショットなのですが、映像でも映画やドラマで必ず入っている短いフィックスの画などと同じようなものです。見ている人(親御さん=お客さんですね)は意識していなく(たぶん)特に何にも感じていないのが普通でそれでいいのです。ただ、人によっては「なんでこんな子供が写っていない写真はいってんの?」とか思っているかもしれない。そういう人は洞察力に優れている人かもしれません。

当然子供が写っていないのと過去統計で買う人はほぼ居ない、とこっちは思っているのですが写真集計しているときは写真の裏の印字で仕分けするので、白い裏面ばかりの荒涼とした作業光景となり、どんな写真をいま仕分けてるのかわからない状態が終わりまで続くのです。時々やたらと枚数が多い番号に気付いて「どんな写真だ?」とひっくり返して調べると、たとえばこういうものが意外とスマッシュ・ヒットだったりして笑ってしまったり、素直に驚くことがあります。こっちをむいてくれない子や、イヤイヤする子だとかを楽しそうな笑顔を撮る為に声かけてよいしょしてアホなおっちゃんピエロ役をやりつつ汗かいて何枚も何枚も撮ったりしてようやくあるレベルのショットが撮れても、それがピン写真だったら親以外は買わないですから、一枚にかけたエネルギー換算でいえば膨大なロスですね。なのでたまにイメージショットでスマッシュが出たら「あぁ、晩飯ちょっと贅沢してお外やなー」とか小市民な喜びの表し方をしたりします。といっても、まぁせいぜいスシローでマグロばっかり延々と食うとかなんですが。。。

さてこのどことなく懐かしい車両は色でいえば阪急だよなぁ、と型式でぐぐってみたら、1960年代から阪急で2000系として走ってた(らしい)車両だそうで、もしかしたら子供の頃に母といっしょに乗ったかもしれないです。(まぁ大阪に住んでたら子供の頃から通算したら誰でも一度は乗ってるかもしんないですわな)

どことなく角のアールが優しい面影のなんでもない普通の電車。でもなんか阪急っぽい色と相まって、優しい感じがすごくします。阪急でお役目を終えて、ここに貰われてきたようです。大阪から少しだけ離れ、ガタンゴトンと少しだけ緑も多くなってくるこのあたりに似合っていますね。長椅子の電車っていうのが大阪市内で育った僕の、電車ですぐに浮かぶイメージなので(大阪環状線の丸目の101系とか)こういう極々スタンダードな電車はなんか安心できていいですね。

ま、これを撮ってるときはそんなことじっくり感じてるわけじゃなく、降りた子供たちが駅前で大集結してるはずなので撮ったらダッシュでそこに向かわないといけなくてそんな感傷にふけったりする暇なんか一切ないんですけど、あとでセレクトしててモニタでこれがドーンってでてきて、あぁそういや撮ったな~ってフォトショで作業しながら大きくしてしげしげ見ていたら、阪急デパートの大きなあの西洋風エントランスホールを思い出して懐かしんだりしています。





[PR]
# by shonencamera | 2017-11-08 04:45 | 徒然事 | Comments(4)

オーディオテクニカ AT-MA2 小改良

動画での音声PCM別録音がきっかけで、少し音について作業の合間に勉強し直したり調べたりしているうちに、ふと思い出した。
そういえば、小型のマイクプリアンプを持っていたっけ、、、とガサゴソ探したのがオーディオテクニカのAT-MA2
d0207730_19265633.jpg
これ、マイクをひとつ接続でき、それをLINE信号のレベルまで増幅する、という超シンプルなものなんですが(今はどうだかわからないが)当時ではとにかくすごく音が良かった。
随分昔に買ったと思うのだがいまだに現役ラインナップしていた。オーディオテクニカのロゴがなんだかとても懐かしい。

これが見ての通りPCM-M10とそう変わらないほど小型軽量なので、これで外部マイクの信号をLINEレベルにあげればEOSやムービー機に入れる際の選択肢が増えるし、音声ノイズ的にもハンドリングがよくなるかもしんないなぁということ。少し調べたら色んなとこでよく似たことを考えてる人がいて参考にさせてもらった。

d0207730_19313784.jpg
基本的にこれはACアダプターでの駆動がデフォルト。購入したものの稼働させるのにACを探さなきゃいけないことが面倒でいつの間にかお蔵入りになっていた。
ここにDCの9Vを入れれば電池駆動のフィールド運用ができる、とは誰しも思うし、当時の僕にも教えてあげたい。
(ちなみにACアダプターは標準付属、また懐かしいトランス型の重いACアダプターなのです。さすがかどうかはわからんが音のオーディオテクニカ)


d0207730_19335922.jpg
で、シリコンハウス共立でパーツを買ってきた。四角い9V電池ボックスとEIAJ3のL型DCプラグ。両方で200円前後。
電源ケーブルをちゃんとしたケーブルに交換したくなるが、とりあえず買ったまま長さだけ調節してつけてみた。

d0207730_19395836.jpg
たったこれだけでACアダプターに縛られずフィールド運用が可能になる。インジケータも煌々ときちんと動作。
ゴムバンドでくくるか、ベリベリで本体とくっつけるとコンパクトに一体化して良いだろう。
消費電流が最大で30ミリアンペアなので計算では9V電池1個でもつけっぱなしでも丸一日は全く問題ないくらい持つはず、実際ではスペア最低数個持参するだろうから日をまたぐロングの撮影などでないかぎり大丈夫だろう。

さらに副産物としてDC駆動になるということは、音質面でノイズの要素が激減する、これは副産物というよりも主目的にしても良いかもしれない。


d0207730_03164917.jpg
ただ、内部結線作業をしているときにわかったのだが、内部基板上に何故か赤LEDがある。プラグインパワーをONにするとそれが律儀にも点灯する。バックパネルにはLED窓も無いので全く無駄に光っているわけで、しかもそのLEDも微弱だが電気を食っている。通常の赤LEDの最大許容電流値の半分と見積もっても10ミリアンペアくらいは流れているはず。これ、AC駆動ではどうでもいいといっていいほどの少ない消費電量だが、電池駆動では本体消費電通の10-30%以上となってしまい無視できない。除去してしまいたいがとってしまって良いのかどうかの判断知識が無い...。


d0207730_13365463.jpg
中身の肝のオペアンプはたぶんコレ、型式で調べてみると「オーディオ用二回路入りオペアンプ」というものらしい。どこかでこういうの見たことあるなぁ...と思ったら、PCオーディオのUSB-DACだ。その中でもこのオペアンプをエレパーツ屋で数種類買ってきてとっかえひっかえして音がどーのこーの、というのとほぼ同じような感じじゃないのかな。ここらへんが詳しくなればマイクアンプももっと好きなようにできたりするんだろうか。



d0207730_19413691.jpg
もうひとつAT-MA2で厄介なのがLINE出力がRCAしか無い点。ポータブル運用ではRCA-ミニプラグのケーブルを使うのが本筋。しかしこれがまた出先ではコード長いわニョキっと飛び出て邪魔でしょうがない。接続でいえば確実なんだけど。

運用ではカメラ使用かPCMレコーダーがほぼ100%。なので一番稼働するミニプラグ出力を増設。
これに短いケーブルでたとえばPCMレコーダーのLINE INや、カメラの外部端子にズドンと入れることができる。

加工といっても僕ができるレベルなので全然たいそうなものでも偉そうなものでもない。
場所を定め、バックパネルに穴を開け、数あるステレオミニジャック端子の中でちょうど良さげだと選んだシンプルなものを設置する。
ケースグラウンドなので絶縁タイプでなくともOKで、極普通のジャック端子で良い。パネル厚2mmまでOKの円筒形のボディがしっかりしているものを選んだ、お値段100円ちょっと。
AT-MA2でのこの箇所は非常にタイトなのでできるだけ直径の小さなジャックを選んだ方が設置しやすい。
LINE OUTと記載されている真下のプラスネジスペースを殺せば、下穴も開いているしちょうど良いミニジャック増設スペースとなるのだが、ここはケースグランドがリアパネル~基盤ともに共締めされている。別にアースを増やせば問題ないが、なんとなくオリジナル(もうすでにオリジナルではないが)を殺さずにこの位置に設置。


d0207730_19465941.jpg
これで後部へのケーブルや端子に関して出っ張りの限りなく少ないフィールド運用が可能になる。デフォで使えばいいじゃん、と思ったそれもそうなんだけど、屋内では何の問題も無く気にもならないことが、いざ出先で実践してみれば「う、、この数センチの出っ張り、めっちゃジャマじゃん!」とか、やってみて初めて気づくこととかあるのですわ。たとえばカメラでも(特にコンパクトカメラで)三脚に据えたら電池蓋が開閉できなくなって脱着しないと電池交換できないことに気づいたりとかね、そういう事例とニュアンスでいえば似ています。気にもならない人もいればそこが重要項目になってしまう人もいる、ただそういうことで誰に対しても有益で有効というものでもないのです。ただ自分の使い方に適したように工夫してそれが理想に近づいてくるということにものすごく満足感でヒタヒタになれる、とそういうことですね。

さあこれで録音方法の選択肢が増えました。MICレベルでそのまま繋いでもいいし、PCMレコーダーならLINEで繋いでも良いし、LINEレベルにあげた信号をEOSにぶち込めば(質的にはどうだかわからないが)ぱっと聞きは明らかにノイズが下がったクリアな音になる。一時期ホワイトノイズでわいわいしていた動画サイトのサー音(テープの時代はヒスノイズって言ってたけど今はなんていうんだろう)の件だが、プリアンプで増幅した信号をEOSのMIC端子に入れ、EOS側のマニュアルで最小レベルくらいで調節して同時録画するというのが解決策として流行っているようだ。オーディオ的には信号2回増幅となる禁じ手なれど実際問題として有効のようなので、EOSに使えばこれもそれと同等のものとなる。ビデオカメラの場合、上位機種では一般用でもMIC/LINEの切り替えができるボディもあるのでLINEで使った方が音としては良いんだろうな。手持ちで良い小型プリアンプがあるのであればボディ内蔵のちょっとしんどいプリアンプなどはキャンセルした方が良い音になるのは当然だ。


d0207730_14111367.jpg

最近のDSLR用に設計されたガンマイク(たとえばSHUREのVP83)では三段階のゲインスイッチがある。+20db上げれるってのがすごい使いやすそう。そのゲインUP/DOWNだけの中間アダプターとかあったら古いモデルでも有効利用できそうな気がするんだけど音的にはダメなのかね。

PCMレコーダーの内蔵プリアンプとどっちが良いか比較しても違いが繊細すぎて僕には正直あんましわかんないけど、マイクのゲインをAT-MA2側でヘッドホンでモニターしながらある程度ギリギリまで最初の基準値を上げることができ、そのしっかりした強い信号を増幅したLINEで安定して記録できる、というのは音的にはすごくありがたい。何故これを今まで思いつかなかったのかと勿体無く死蔵していた自分の頭の錆付き具合が情けない。

ここんとこPC仕事作業がずーっと続くのだが、合間合間でずいぶんと離れて久しいオーディオや音系に首を突っ込んでは「へー、今そうなってんの?!」とか驚きの連発である。その中の新しい知識をどういうふうに自分の仕事や楽しみの為に運用したり、グレードアップできるかなぁというのが少し楽しくなってきた。特にマイク系は今まで全くといっていいほど無頓着で、内蔵はイヤだけど本格的にすごいホワホワつけたりするのも目立つしなんだかなぁ~とかという限りなく素人に近いレベルでしか考えてなかった。高価なものでなくともキチンと仕組みや道理を勉強して理屈を知り、今あるモノや少し足してクオリティが少しでも高くなるような自分なりの何かを考えてみたい。そういうのを頭の中でずーっとアレコレ考えるのはメッチャクチャ楽しい。今回のDC電源やミニジャック追加だとか、とても些細な改造だけど圧倒的に便利になるし、買い物や作業自体も煮詰まって全然進まない仕事の息抜きになってとても楽しいのだ。







[PR]
# by shonencamera | 2017-10-25 19:24 | アクセサリー系 | Comments(0)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

カタログの楽しみ方 双眼鏡偏
at 2018-02-15 00:23

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
写真屋さんになる
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ