アコギの仕組みが面白い

d0207730_19054587.jpg
さて、アコギの弦は張り替えられた。しかし毎回感じる「アコギって弾きにくいよなぁ。。」という感触は弦を変えてもボディをきれいに磨いても変わることはない。仕組みが変わっていないので当然といえば当然だが、素人にはそれがわかんない。

ペグを外したことがきっかけで弦がどういうバランスで張力を維持し、ブリッジではあんな原始的な方法でエンド部が固定されているというのを知った。知らないこと(気にもしていなかったこと)を知ることはとても面白い。じゃあここはどーなってんだ?という興味がわくのも自然なことだ。

同時に何故僕のアコギは弾きにくいんだろう?という疑問がわいてくる。もともと安価だから各部の造りやパーツがそこそこ、というのも大きい要素だろうが、人間がつくったものなので少しは弾きやすくするということは可能なんじゃないかと、そういう方向に考えが向いてくるのはとても良いことだが、写真作業中にこういう状態になるのはあまり良いことではない。休憩時間というのが作業時間を上回る可能性が大きくなってはいけない。



d0207730_19055061.jpg
弦を外して掃除した時にブリッジに埋められてた白い部位が簡単にはずれてしまうことに驚いたのを思い出した。ここはサドルというパーツでネックの先に埋まっている同じような素材に6本の筋が入ったナットいう部位とで開放弦の音程が決まり、そしてこのサドルのハイトで弦高を変化させることができる、ということを知った。

おぉ、なんと! ここで弦高が変えれるのか!(開眼) 
・・・で、それってもしかして... 削るん??(苦笑)

検索すると出て来る出て来る。本当にそうみたいだ。エレキではヘキサゴンレンチでクイッと変化できる弦高は、アコギでは職人のようにサドル本体の高さ自体を削って低くする。これもまぁ当然といえば当然なのだが、そういう仕組とそんなことをやっても良いのだ、ということを理解すると俄然もっと興味がわいてくる。


d0207730_19053803.jpg
更にもうひとつチェックした方が良いらしいのが、ネックの反り。まっすぐ~やや順反りが望ましいそうで、目視で職人っぽく片目で見てみると素人目にもけっこう反っているのがわかった。順反りが激しいと弦高が強烈に大きくなるらしいので現状に合致する。じゃあまずはネック矯正だなと。でもいいのか?こんなの初めてやるので壊れるんじゃねーかと少々怖い。

サウンドホールから覗いてそこにネックのヘックスを発見。少しずつ回しては反りを計測しながら回していく。途中 パキン!...パキン! といい音がするので毎回ビビるが、今まで何もしていなくてただ弾きにくいと感じてたのが少しでも変わるならやり続けるしか無い。目視ではもうわからなくなってきたので金属定規をフレットに当てて度合いを見てみる。今まで定規とフレットの間に微かに空いていた隙間が無くなってきた。いいぞ~。

これでまず弦を張張り通常チューニングテンションをかけた状態で反りを測る。前よりずっと良い感じだが、この状態で弦高というのを測ると3.0mmを超えた値が計測された。一般的に弾きやすいとされる弦高は2.5mm~2.8mmだそうだ、実際にエレキを測るとそんな感じの値が実測された。ではこれを目指してみよう。

数値で考えればとてもよく理解できる。
こんな感じ、ではなく、キチンと数値として出す定量的で論理的な方法というのはとても大事なことだと、ここでも痛感する。

さてようやくサドルを削るという作業に着手するしかなくなってきた。怖いんだよね、やったことないことや知らないジャンルのことで、指導も何もないままに不可逆的なことをやってしまうというのは正直ドキドキする。やってみたら案外どーってことないことが多いのはわかっているんだけど。まぁ...腹をくくりましょう。
まずサドルのデフォルトの高さをノギスで測ってメモ。紙やすりの荒番手をまな板の上に置いて、シャコシャコシャコ...と、できるだけ均一に削っていく。ある程度削っては測定、削っては測定を繰り返すと、おおよそ全高で1mm弱程度下げれたので装着。そしてまたチューニング、ネックの反りを測って、弦高を測る。エレキであればそのままですぐに各弦を調整できるのだが、アコギではけっこう手間がかかる、しかしなんだかこういう手間が実に面白い。

結局2回ほど脱着測定を繰り返して、目指す弦高になった。前とは比べ物にならないほど弾きやすくなったことに驚くと同時に一層愛着が湧いてくる。

しかし、弾きやすくなったからといって、今まで弾けなかった曲がスラスラ弾けるようになったり、急に娘かという年齢の女の子の方から告白されあれよあれよという間にゴールインしましただとか、ずっと寝込んでた田舎のおじーちゃんが毎日スキップして畑に出られるまでに回復してこの冬はおいしい白菜を送ってきてくれましただとか、競馬で大穴を当ててクルーザーで漫遊三昧の生活ですだとか、そういうことは一切ないのは書くまでもない。




 


[PR]
# by shonencamera | 2017-11-15 12:00 | 音楽のコト | Comments(0)

ギターの弦

夜中の休憩時などに急にふと気になってしょうがなくなったり、そうだそうだ、と思い立つことがこの時期よくある。
そのほとんどが残念ながら普段日常では必要度や重要度が低い事柄がたいてい多い。

今回気になってしょうがなくなってしまったどうしようもないケースは、長いこと触っていないギターだった。

コードでジャカジャカ程度しか弾けないうえに、忘れたわけじゃなかったが長期保管状態だったにもかかわらず、とにもかくにも弦を張り替えなきゃいけない、おぉワタシは生楽器にたいしてなんて姿勢だったんだ、という申し訳なさと使命感でいっぱいになってしまう症状。つい数分前まではなんともなかったのに、深夜のWEB徘徊などでかすりヒットがキッカケで急に発症したり、クソ忙しい時にそこからの逃避欲求的な心理から急性的に発症する。どちらもよくあるパターンである。

そういう感情がわいてしまうと、もう居ても立ってもいられない、どうしようもない。人間って勝手という良い例である。

こういう時に昔はお店までテケテケ足を運ばないといけなかったが、今はネットでポチればポチったあとは作業に没頭していれば良い。
家までクロネコさんが持ってきてくれるようになった。
便利といえば便利でもうそれが当たり前ともなったが、本質としては本当に恐ろしくえらい時代になった。
d0207730_23284320.jpg
引っ張り出してきて久しぶりに触り、サビサビの弦を外して掃除をする。息抜きにはちょうどいい作業だ。
で、気になったのが前からアバウトな動作だったペグ。
もともとの値段が安いので仕方がないが6つのうち数個のバックラッシュが多く、チューニング毎に嫌な感触で、これはどうにかならんもんかと思うのだ。

なのでちょっと内部を見たくて外してみてみた。


d0207730_17015917.jpg
こうなっていた。タイプでいえばクルーソンというそうだ。
裏はしっかりとカシメられていて根性入れて分解するぞという気持ちを持たない限りちょっとくらいの工具では分解はできても再組立ができなくなる。
なので外側の四角いキャラメルのようになっている(モノコックボディだろうか)を少し調整してガタをできるだけ少なくし、注油穴から少しずつグリスアップをして現状から少しでもなんとかならないかとやってみる。外した4弦用のペグはスラスト軸にも少しガタがあったが(こういうのを知ってしまうと更に気になってしょうがない)、実際に使う状態としてヘッドに装着すると表側のガイドと相まって遊びも減少する。弦を張れば一定方向に常にテンションもかかるので単体で感じるガタも段々とわからなくなる。仕組みを理解してなんてアバウトな造りなんだと思ったが構造的にそういうもんらしく内部進化とかはしていないのかもしれない。根本的に高品質のGOTOHのペグに交換すればまた全然別物になるだろうがけっこうなお値段がするようなのであっさりとこの純正のままでいくのは言うまでもない。

ヤマハFGとはいえJuniorという3/4サイズのギターは本気で弾くギタリストは選ばないトイギターだが、小さい身体には誂えたようにジャストフィット。
ネックが短いのでライトではなくミディアムの弦を張れば音も太く張りが出て、素人がちょいと弾いて歌って遊ぶには十分な音が鳴る。


オイルで各部手入れしてもらって新しい弦を張り替えピカピカになったFGを横に置く。いいね、なんか気分が良くなってきた。
ちょいちょい触りながらまたモニタに向かうのでした。あと少しだ、がんばろう自分。


 

[PR]
# by shonencamera | 2017-11-12 23:45 | 音楽のコト | Comments(4)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

カナレ 極細ギターケーブルは..
at 2017-11-22 12:00

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ