祝! マシンガンストロボがリニューアル 祝!

d0207730_03504155.jpg
なんと耳を疑うニュースが飛び込んできた。
NISSINがマシンガンストロボの後継機を作る、というらしい。しかも、2017年度中に発売だそうだ。

http://www.nissin-japan.com/2017/02/2017-a376.html

先のMG8000が最新ボディに対応しなくなって悲しいという記事をUPしたときに、もしできるのならば後継機を、と願ってはいたのだがモノがニッチそのものであり、儲けとかは難しいんだろうなぁと想像していたので、願いながらもハッキリいって諦めていた。

しかしNISSINはやってくれた(まだだが)。男である! いや、今の時代そういう表現をすると具合が悪い...。
とにかく大英断である、世界中で、ものすごくややこしく小難しいことばっかり言うおっさん連中が喜んでいることだろう。
やってくれるぜ、ほんとうに嬉しい。

しかーし、ただ両手をあげて喜んでばかりはいられない。
思想や行動は素晴らしいのだが、必ず何か余計で要らぬことも漏れなくやってくれるメーカーであるので(例えばバッテリーマガジン、BM-01で統一するのかと思いきや、いきなりBM-02をしれーっと出して平気な顔をしているとこなどね)詳細がわからぬ今はさて一体どういう呆気にとられてしまうようなサプライズを盛り込んでくるのやら、と、そういう眼でも見ている。

ひとつわかっていることは光量がUPするらしい。
個人的にはもうあのボディサイズで無理してそこまでせんでもいいとは思うが、今はまさかのGODOXの意外な躍進などで純正ともども戦国時代になっているからアピール面も要るのだろうか、MG8000でもクリップオンにしては大光量で80wsもあるので、今度のはもしかしたら100Ws近くまでいくのかもしれないと想像する。

その値は過去に各社製造していたグリップストロボの光量に近くなる。

グリップストロボのたいていは35mm照射角固定でGN40-45、100~120Wsくらいだった。クリップオンストロボには照射角のズームというアドバンテージがある、そこにもし100Wsのヘッドがのっかれば、非常に有利なのは明白だ。

MG8000はほんとうに発光部も本体のどちらも今までのクリップオンストロボとは比べ物にならない程の耐久性がある。現場で純正が次々とダウンしていく中、同様状況でTTLが時々あぽ~んする以外は(まぁこれもどうかと思うが...)機械的には全く問題も無く必ず最後までMG8000は平気で光り続けてくれる。そういう実戦結果から世界一タフなストロボだと常々実感、感謝しているので、今度のも同等かそれ以上のものとなるのは間違いないだろうが、発光量も確かに大事だろうが内部のコンデンサー強化や回路の耐性UPなど、電気素人には見えなくわからない箇所により一層金を注いで、内外ともに宇宙一のクリップオンを目指して欲しいと願う。

いったいどういう代物になるのか、いつ発売されるのか、全然わからないことだらけだが、とにかくありがとう、NISSIN。
手にするその日がとても楽しみだ。






[PR]
# by shonencamera | 2017-02-23 21:47 | ストロボ系 | Comments(3)

AF-500FTZ 現代においての使い方 PENTAX <使い倒しシリーズ>

d0207730_01185116.jpg
前回書くこともなくなってなんとなく紹介したペンタのストロボが、気がつきゃ都合3台も集結してしまった。
どれも当時のフル装備ハイエンドストロボだが、デジタルにはTTL対応していないので一般人にはほぼゴミ同様の代物。

それを21世紀の今、どう使うのかというと、マニュアルで発光させまくるというロバのような使い方をする。
今使ういろんなクリップオンアダプター系はキャノン用で、そのために誤作動の元凶となるカメラ←→ストロボ間でやりとるする信号端子を殺す。実際、異種ボディとの組み合わせでのひどい場合は、オートズームがワーオンワーオン♪と勝手にいったりきたりして すわ、エクソシストか、ポルターガイストか、とアワアワしてしまう現象がおこったりする。




d0207730_01242732.jpg
接点ど真ん中のトリガーとグランドの2端子が一番シンプルな必須端子。発光だけでいえばそれで足りる。
赤と柿色が追加されたTTLだのオートズームだのの制御信号のライン。
黄色を施術中なのは後述するが、最初は黄色も含めて3本ごきげんさんでちょん切った。

その場合でも普通にただ発光するだけなら問題なく忠実に発光する。
しかしこの時代からはオートスリープという余計な... 便利な機能が追加されはじめた。
なので最後の発光から3分たてばこのストロボはおやすみされる。そして永久に目覚めることはなくなってしまう。
メインスイッチのON/OFF作業が必要になり、ONにした際には最初は当然TTL画面から始まることになるのだ。

黄色の線はスリープから復帰させる信号端子で(それだけじゃないかもしれないが)
シャッターを半押しすればたいていは(写真でいえば右下の端子に)ここに3V前後が加えられ(WAKE信号)
それをうけたストロボは「眠った時の設定のまま」目を覚ます、という具合だ。これが大事。

それを僕は潔く喜び勇みぶった切ってしまい、テストの際にスリープ復帰できず、、また殻を割って結線しなくちゃいけないのか...と泣き泣き回復中の図なのである。僕はそういう要らぬ作業を自ら増やすことについては、なぜだかとても長けている。



d0207730_01344829.jpg
スリープをしても1回の空シャッターでWAKEするので(ちょっとじれったいが)どうしようもないゴミにはならずにすんだ。
簡単な撮影などのヘアライト、エッジライトなどのエフェクトライトなどにちょうどよい。
光量自体はたっぷりとあるのでごちゃごちゃ細かいことを言わなければメインでも使える光量をもつ。
1/1でのフル発光を繰り返すのは精神的にもストロボからしても目を覆わんばかりの残酷酷使で、1軍ストロボでは延命の為にも絶対避けたいものだ。
しかし現場での意図しない必然や、クライアントの無茶振りは年々激しさを増しているのが現状、「いや、そういうのは機材の為にもできません」とは言えない場面もあり、そういう場面にベンチからお呼びがかかる。
年老いた選手にバッテリーパックを背負わせ、フル発光の後に一瞬でフルチャージさせてまた発光させる。。
申し訳ないくらいの奴隷のような扱いだが、何年もコンデンサーに電気を送ること無く、ご主人にも忘れ去られて日陰の人生を送るよりは遥かにストロボ冥利に尽きるであろう。パッと閃光してパッと散る(散っては困るが)。

ケース的には今まさに超後期高齢社会でまだ元気なジジババを人材、労働者としてパート雇用するのと同じようなものだ。
最後の最後まで使い切ってやる、それもまた機材への思いやりでもある。

普段はたぶんバックライトなどで1/4~1/8程度をモノブロックと併用、連続で1000発くらい発光させ続けるような用途でがんばってもらおう。
それに充分耐えうるくらいの性能はこの時代のストロボでも持っている。

そんなことなら中華の数千円ストロボで良いだろうという意見もあるだろうが、この時代ってしっかり日本人が日本で作っているのだ。
ただ、時代が新しくなって今の機械にはオートで使えない、ってだけなので、品質でいえばすごくまともに作っていた頃の品である。
なので中華がすごく使えるようになったとはいえ、まだこのレベルにまでも届いてはいないだろうというのが僕の自己判断である。

キャノンで言えば540EZ、550EXなども同様に、僕には非常にありがたい年老いた働き者のロバである。
このころの小型ストロボは懐かしい「チュィィーーーーーーッン!!」というチャージ時のモスキート音がけたたましい。
だが、現場ではたいていこういう3軍ストロボはそもそもエフェクト系なので撮影者からは最も遠くに設置したりする。
その際にしっかり「私、発光しましたよ 旦那ぁ」というのが音で確認できる利点がある。

ストロボも高性能になり充電音が消えて久しいが、音があったって悪いことじゃないな、とも感じた。ケースバイケースだが。
実際に現場投入してみないと狭い自室でのテストなどではわからないことがある。









[PR]
# by shonencamera | 2017-02-22 02:14 | tips(小ネタ) | Comments(0)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

TRパックも LIPO
at 2017-03-24 02:14

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ