モトレボ パート2 #62 予選

さて予選が始まりますとライダーと同じくカメラマンも出番なんですが
プレスゼッケンが無いので一般人と同じく外からなんとかかんとか写さないといけません。
サーキットで撮影する時にインフィールドに入れないということは、すなわちめっちゃくちゃいろんな、というかほぼ全てのことが制限されてしまうということになり、ナイスな撮影可能ポイントというのは数箇所しかなくなるのでそこでどんなふうにしてどんな絵を撮るか、というのがめちゃくちゃ大事になってしまいます。みんな同じトコで撮るので、似た絵になるんですよぉぉ。。。

d0207730_512687.jpg
まあとにもかくにも奥さまの走り。毎度お馴染みの便所コーナー入り口。300mmにエクステンダーx2をぶち込んでますので入り口でこんだけぱっつんぱっつんの構図。こーなると・・・



d0207730_5143248.jpg
クリップではもうハミハミ状態(笑)。レンズはズームじゃないのでどうしようもありません。今回はどこに重きをおくか、あれもこれもと欲張るよりはココ!という決めたとこだけに根性入れます(でも、バラエティに欠けてしまうのはしょうがないとはいえ実に悩ましい。高画質な場合はズームのつぶしの利き具合というのも超強力な武器です)



d0207730_5192550.jpg
そう、いつも仕事で撮ってる走行会写真では絶対撮れないこーいう絵が撮りたかったのよ。ゼッケンが読めないと仕分けのSちゃん「・・・堪忍してくださぁ~ぃ」って泣きはりますので。 で、今回は撮れるもんなら撮ってみやがれと前を遮る金網デスマッチをものともせず超望遠で撃ちぬきます。一日振り回したらけっこうなバーベル状態のサンニッパ+エクステンダーは半逆光もなんのその。さすがじゃ、よしよし、愛ぃヤツめ。と自機自賛。こういう光線状況ではもう機材の潜在パワーがモノを言う。伊達にむっちゃ重くてアホほど高いわけじゃないのである。



d0207730_528882.jpg
後続が来ない、よっしゃラッキー! こういう構図がしたいんじゃーというパーツ配置の場合、AFでは不可能なんで鉄ちゃんよろしく置きピン。上手いライダー、速いライダーは同じラインを通ってくれるので可能な技。上のバトル風とはまた違った、パワーを振り絞ってるのも伝わりつつ静寂もある、というなんというか正に日本の文化 「侘・寂」 。写真に利休や珠光が入るあたりが少年カメラなのである。。。 

というのはどーでもいいが、こういうのが撮れたら、やっぱし気持ちがいい。素直に嬉しい。
嬉しいからまた次はどんなん撮ったろー!って気持ちになるんだ。
[PR]
# by shonencamera | 2010-11-29 05:42 | レースとか | Comments(0)

モトレボ パート1

フィルムが大好きなのでここはできるだけフィルムで撮ったもので構成したかったのですが
このご時世そういうわけにもまいりませんし、そこまで頑固でもありません。
ましてやモータースポーツとなるとデジタルの本領が120%発揮できる場なので
レースをフィルムで撮るということはもうきっとたぶん無いだろうなぁと思います。

とゆーことで、今回デジタル100%の少年カメラです。
友達がレースにエントリーした岡山は国際なサーキットまで便乗させてもらい行ってきますた。
d0207730_4214417.jpg
早朝から予選がはじまってます。エントリーライダーやその仲間、そしてけっこう沢山のお客さんでした。写真は懐かしいジレラ・サトルゥノ。大事に乗ってはりますねー。今でもシンプルでカッコいいです。シングルのスポーツバイクはいっときの超盛り上がりから急激な降下を経て、今じゃ街やサーキットでも滅多に見かけなくなりました。ゲップが出そうなほど氾濫していた美的センスの欠片もみられないかわいそうな改造をされたSRも、ついに見ることが少なくなりました。やれやれ、と正直思いますが単車に責任はありません、いったいどこいったんでしょうね。
この日は到着時の気温が3度...。寒さに弱いうえにオール明けで(仕事です)殺してくれ~~...状態です。


d0207730_4243463.jpg

<今回の標的その1>
ドカティというイタリアのバイクです。オーナーの全てが注がれた悪魔のマシン。一度ドカティとビモータの試乗会にテケテケいったのに、なんでかこのマシンを公道で乗せてもらう機会に恵まれてしまいましたが、何速入れてんのかわからんくらいすげーパワーの塊みたいなバイクでございました。当然足付き性など微塵も考えておるわけがなく、私には信号待ちが拷問のようなバイク。カッコいいんだけど。。。
こういうマシンは選ばれし人がサーキットでそのポテンシャルを思い存分出し切る為のバイクでございます。




d0207730_4424019.jpg

<今回の標的その2>
こちらもドカティ、しかし先ほどのスーパーバイクとは違って空冷のSSです。このバイクもオーナー夫婦の全てが注がれ散らかしまくっているマシンです。ライダーはなんと奥さま。ところが奥さまはフツーの奥さまではなかったんです。。。走行画像を見ればすぐに納得するかと思いますが、めさめさすんごいライダーです。#61もある意味すんごいライダーですが彼についてはまたおいおい機会があれば(笑)。
[PR]
# by shonencamera | 2010-11-29 04:56 | レースとか | Comments(0)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

カナレ 極細ギターケーブルは..
at 2017-11-22 12:00

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ