<   2016年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

良いお年を

d0207730_16295549.jpg
過ぎ去っていく列車を見送る光景は昔から変わらないね。

今年も無事に一年を過ごせ、また新しい歳と年を迎えようとしています。
今年一年ありがとう、良いお年をお迎えください。



 


[PR]
by shonencamera | 2016-12-31 12:00 | プチ鉄 | Comments(2)

ちょいと嵐電

忘年会が京都であり、少し早く出てちん電の友達(?)である嵐電に寄ってみた。
ずいぶん前に鉄道好きの友達のお供で嵐山から一度乗ったことがあるが、あまり覚えていない。
電車というのは乗ってしまえば例えば内装にめっちゃ凝りまくっただとか、明らかにわかりやすい特徴(特別車だとか観光列車、逆にめっちゃ古くてボロいとか)でも無ければ一般人からすれば電車というのは極論で言えば箱に椅子と吊革、吊りパイプなので基本的に大差はない。(鉄的に細かいとこではあるんだろうけど、やっぱしそういうのはあんましわかんないのだ)

実際嵐電に乗ればそこは地域住民の足そのものであり、時間帯もあってかけっこうな混雑ぶり。鉄道としては実に良いことだ。
d0207730_03183250.jpg
西大寺三条から山ノ内までの併用軌道の直線に、起伏がある交差点を見つけ、テクテク歩いてちん電がやってくるのを待つ。
10分弱くらいで左右からやってきてくれるが、冬の待ち時間は少し身に染みる。おっさんのソロは特に手持ち無沙汰度が高い。

阪堺では近づいてくればほぼ踏切の音が聞こえてくるので「構え」の合図がわりになったが、この直線は踏切が無い。
気を抜いていると低い走行音とともに突然 ぬー! っと現れて少し焦る。

バックに山を入れることができるのは今までに無い背景で眼も心も踊るが、問題は生憎の天気。
今日は朝方には雪も振っていたそうで空が雲に覆われ気味になってしまい実に残念。
人物外撮影では順光やトップ光の時間帯は画にならぬので昼寝でもしとけ、が掟なのだが鉄では違うようだ。
順光バリバリの方が気持よく元気に走って見えるし、冬であれば昼から3時半くらいまでがベストのような気がした。
これもまたデータとして蓄積し、今後に活かせる貴重な体験だ。

d0207730_03383011.jpg
同じ箇所を反対側から挑むと道幅が非常に広く、歩道からの200mmでは角度的に抜けが少し悪い。
長玉でもっと距離をとって撮ると背景だけをもう少し右に振ることができるだろう。
しかしちょうどいいタイミングで右折待ちのスクーターのおばちゃんが比較対象として絶妙の位置にワンポイントで入ってきてくれた。
絶妙の名脇役となりとてもありがたい。


d0207730_03465665.jpg
しかし併用起動というのは車も同時に走るので、タイミング次第ではこんな隙間からかろうじて覗く・・・ということもある。
というか、むしろそっちの方が多い。阪堺といっしょでこればっかりは撮影側がどんなにがんばってもどうしようもない。


d0207730_04184148.jpg
起伏地点より少し四条大宮寄りには、緩いが印象的なS字カーブがあり、歩道からしっかりと斜め王道的なショットで捉えることができる。
まぁ図鑑のようで面白味には欠けるが、それにしても紫芋のような車体は初めて見るとなかなかインパクトがあるわ。


d0207730_03581110.jpg
この日は太陽は雲で覆われてしまい早くも終了間際の合図がきこえてきて、欲張って持ってきた機材の重さは筋力トレーニング用ウェイトに変化する合図でもある。
そんな中、ノスタルジック感溢れるこんな車両も走ってきた。少々あざとさを感じるもののやっぱりこういうのは一般的には目を引くよなぁと思ってたら


d0207730_04033420.jpg
まさにそう思って待っていた人も居るようで、、、 その情熱が少々溢れすぎであった。
いい画を撮りたい気持はわかるんだけどね、危ないしストレートに迷惑。
実際、このあと信号が青に変わって出発してもねばっていたので(動画だろうな)、、案の定軽自動車に鳴らされていた。

しかし京都のドライバーは優しい。
ハンドルを握った状態での気の短さでは天下一品の大阪ならこんなに待ってあげない。目の前に現れた時点でロックオン即発射。
ドン!っと10mくらいふっ飛ばされてしまう。(←ウソだよ、ウソ)
それか、誰も接触したくない感じの怖い怖いおっちゃんが運転席から降りてきて、轢かれた方がマシだったと後悔するようなことになる。
(これはちょっとホンマ)
まぁ仕事じゃないんだから命かけてまで撮ることもないし、安全に誰にも迷惑かけずに写真を楽しみましょう。


d0207730_20092820.jpg
嵐電の停留所はここだけかもしれないけど、ものすっごい狭く、ここでずっと待つのは罰ゲームレベルである。
乗降時はどうすんだ?と様子を見てたら、このナローな停留所は言わば乗るときの踏み台みたいなもんで、電車が到着するまでは歩道側で待機、到着したら乗る人はわらわらと電車に集まって、そこで列をつくって順に搭乗という流れみたいであるが、このプラットホームをもってしても尚且つまだけっこうな段差があるのだ。バリアフリー化に関しては絶望的だが逆にこの強烈な段差が味とも言えると感じた。もし阪急や近鉄、大阪環状線などでこの段差があるとしたら、車内案内ではやかましいほど叫び散らかすだろうレベルだよなぁ、と想像してしまう。

d0207730_20163739.jpg
どーんよりと雲雲になってしまった色の無い世界、けっこう大きな交差点をガイーン!と通過していく。
空がどうしようもないので流して流すことにする。当然画は映えないがよくみりゃ広告とかは地域的なものが出てて面白ね。


d0207730_20194817.jpg
で、やっぱもうダメ、さすがに限界の光量になったのでカメラをしまって嵐電とJRを乗り継いで京都駅に向かう。
バスの方がいっぱつで行けそうなんだけど京都はバスがめっちゃややこしく、どのバスに乗ったらどこに行くのかさっぱりわからない。
(勉強してない、する気が無いとも言う)


「おー、ひさしぶりー!元気そうやん」と言い合ったらいっぱつで当時のあの頃に戻る。これもまたいつも不思議だなーと同じことを言い合いながらスタートするのも毎度のこと。時間が足りなくて喋り消化不良で名残惜しみながら解散するのも毎度のこと。深夜に近い京都駅も大阪駅もどこも同じようにゴキゲンさんになった赤ら顔がニコニコふらふらと電車を待って、乗り込んでいた。もうあと少しで今年も終わりだ。







    







[PR]
by shonencamera | 2016-12-30 19:20 | プチ鉄 | Comments(2)

USB5V電源 今さら...自作モバイルチャージャー

随分前の出回り始めならいざしらず、今や2千円台で容量のでかい充分な性能の携帯電源がポチった次の日には届く2016年の暮れに
わざわざ作るか、、モバイルチャージャー。

しかし目的(内容)はチャージャーではなく降圧DC-DCコンバーターなのだ。(モバイルバッテリーは3.7V→5V昇圧)

難しいネーミングだが簡単に言えば6V~30Vくらいの直流電圧を降圧させて5V変換するという代物だ。
出力出口は今やグローバルスタンダード化しているUSBソケット限定。
この基板は贅沢にも入力電圧のモニターがあり、出力5Vは一定で最大2Aまで取り出せるシンプルな回路、性能的には充分であり非常にコンパクト。
基板には親電源ON/OFF SW、USB側同様SWがあるがぶっ挿せば即稼働状態にしとけば使い良いので中華によくある無駄なオーバークオリティだ。

d0207730_16525329.jpg


これの良いところは、入力電圧の圧倒的な懐の広さ。30V以上までOKだそうだ(そんな機器は見当たらないが、ある日突然どうしても今すぐに24vトラックからバッ直で5Vを出さないといけないシーンに出くわすこともないとは限らない ...たぶん無いな)

現実的にはDC18-19VくらいまでOKなら充分である。
使用中に入力電源のコードが外れてしまいアホな自爆ショートの可能性があるこの青い電源端子は便利とは思うが好きではない。
なのでとっとと外してコードを基板直付、ディーンズのコネクター限定式とした。それの完成形が上。

共立エレで一番小さい汎用ケースを買ってみたのだが、それでも大きくガバガバで加工も少々めんどくさい。
なのでタバコの空き箱で箱をつくってみた。雨には弱いが通常使用で数ヶ月くらいの耐久性はあるだろう。

d0207730_173341.jpg


ディーンズコネクターでピンときた人はRC好き。
使用スタイルがコレ。あまり遊ばなくなったラジコンのバッテリー(7.2v、7.4v)がなんかの電源に使えないかなぁと思っていたがこれで保管死滅させることなく第二の人生をおくらせてやることができる。電池というのは使わないとどんどん性能が落ちていき、気がつくと死亡してしまうので、できるだけ回転させておきたいということだ。

この用途は様々考えられる。スマホや携帯の充電だけではなく、DC 5V入力の機材などを出先で電源確保に困ることなくコード無しで使用できる。

親電源のRCのバッテリーはニッカド、ニッケル水素、そしていまはリポ、リフェと進化を遂げているが、コネクター形状さえ一致すれば全てのバッテリーが使用でき、またリポの2S、3S、4S...どんな電圧であろうが全てOKというのも素晴らしい。親電源さえ充電済みで容量のでかいものを数本用意すれば、長時間撮影、星空泊まり撮影、ネイチャー系に目覚めてヒマラヤの白ヒョウを徹底密着!などで、ものすごいパフォーマンスを発揮するだろう。(白ヒョウはやんないけどさ)

NICD、NIHMは安定・安全なバッテリーだが6セルとなると非常に重くなる。リチウムイオンは中くらいの重さ、最大のメリットはリポバッテリーにある。ドローンの一般化で2000mAh以下の強くて軽いバッテリーが非常に安価で求められるようになったので、このコンバーターと組み合わせれば体感できないくらいの重さ、例えば上に見える2S/1300mAhのバッテリーは60gほどであり、自作コンバーターが15g、セットでも80g切る。

現代軽量電池であるリポであろうがリチウムであろうが容量を欲張れば携帯には適さない重量となる。
デカイほうがいいわ、とスペック2万mAhのモバイルバッテリーを買って大きさと重さにやっちまった感を抱いた人も少なくないはずだ。

1300mAhとだけ聞けば圧倒的に小容量で使いものになるんか?と思うだろうが、127灯の撮影用小型LEDライトを光量MAXで連続1時間光らせることが可能なので(現代のLEDなら基板効率が向上してるのでもっと良い結果になる)、現実的には2000mAh以下というのが重さ、大きさ、値段の面でも一番実用的だ。

能書きはともあれ、なによりも個人的には死蔵化していたバッテリーを撮影等に活かせることがありがたい。



 

[PR]
by shonencamera | 2016-12-28 21:00 | tips(小ネタ) | Comments(0)

懐かしい店先

d0207730_02581665.jpg
あぁ、、子供の頃ってどこのお店もこんな感じやったよなぁ。。。
ちん電撮影の時に天下茶屋の細い路地を歩いてて遭遇した、とある辻の光景。
たまたま構図的、角度的に意識よりも脳内が先にハマってしまったのか、あまりにも懐かしく思わず足がとまる。

店の先の路地の雰囲気、、向こうから幼馴染が半ズボンで走ってきそうな、そんな錯覚をしてしまう。
近所の八百屋の山羊ヒゲの爺さんは顔もまた漫画に出てくる山羊先生のようで、いつもくたくたになった前掛けをして、少し前かがみになっていて実に爺さんらしくて好きだった。
色んな野菜を木箱などで巧みに段々にして見事な陳列、包むはもちろん新聞紙。買う方も買い物かご持参が当たり前だった。
梁からゴムで吊るしたザルの中におつりの小銭をいれて、びよーんと引っ張ってそこからお釣りを、何やら節をつけて呪文のように唄いながら探す。
その仕草を見たいが為にお使いはすすんで「行く!」といって走っていった。

新しく仕入れる情報などは、覚えておきたくても3歩歩いたら
「あ...アレ、なんやったっけ?ほれ、、アレや、アレ」という状態にまで頭は段々と油が切れた自転車のチェーンのように渋くなり
いくら振り絞っても出てこないのでその「アレ」で全てを通してしまいそうになるほど、ものごとを覚えられなくなっているのに
不思議なもので歳をとるとひょんなきっかけで昔のことをアレコレ細かく思い出してしまう。

この界隈は本当にトワイライトゾーンといっても過言ではないかもしれない。
150-600しか持っていって無くしかもこんな路地で小型バズーカを構えてたら怪しさ満点だろうので
ここくらいからかと思った位置まで移動し、サッと構えて、パパっと2枚だけ撮り、サッとバッグにしまう。

今度からはキットレンズでいいから標準ズームを持っていこう。



 



[PR]
by shonencamera | 2016-12-27 03:36 | 徒然事 | Comments(0)

真っ直ぐ撮るちん電

d0207730_23414607.jpg
人が居た方が画が映える、と書いたには書いたが、そうそう人がうじゃうじゃといたら電車も大変、危なくってしょうがない。
なので当然ちん電主役の真っ直ぐな写真も撮ったりする。
モチーフとしては非常にシンプルなので実はものすごく構図の中での配置とか周りの情景や、縦位置と横位置の意味の変化だとか、太陽の位置だとか、そういうのが楽しくも難しくあれこれ試してひとり、ほほぉ~、こんなに違うんかーとか、そういうことを電車好きだった子供の頃に戻ったみたいに楽しんでいる。

d0207730_13482416.jpg

シンプルにまっすぐ撮ったちん電は、それはそれでスッキリしててなかなか格好いい。




 

[PR]
by shonencamera | 2016-12-25 23:40 | プチ鉄 | Comments(2)

ちん電がある光景

d0207730_23053262.jpg
陸の交通手段の主役の中で選手権大会などを行うとすれば、飛び抜けて一番鈍くさい感じがするちん電だけど、何故か惹かれてしょうがない。
何両も連なった長い連結車両が高速で走る様などはまるで生きてる超大型動物のように見えてそこには美があるし、格段に進化を遂げた4輪、2輪などは連結することはほぼなく単騎ではあるが、内燃機の性能に加え圧倒的な外観造形の力があり、内部よりも外観の美や存在という点で愛され愛でられている。

ちん電にはそれらと同類カテゴリーのカッコよさが皆無だともいえる。しかし何故これほど可愛らしく皆に愛されているのだろう。


僕は車両のメカ的などうのこうのはよくわからず、鉄ちゃん的にあまり知ろうとおもったこともない。
ずーっとファインダーを通して見ていると僕がなんでこんなに気になっている、その一番根本ともいえるものがなんか見えてきたような気がしてくる。

この写真のように、生活の中にすっかり溶け込んでて、沿線の人から例えば「となりのちん電くん」のようになっている、そんなふうに感じるのだ。
だから僕が思うにちん電を撮るとき、人がいないとどうもしっくりこない。落ち着かないのだ、見てて。
光線の良い場合とか、しっかりと望遠で捉えた真っ直ぐな肖像的写真とかはまぁそれだけで映えるんだけど、やはりそこにも人が介在していると更に良くなる。そう感じてしょうがない。

古い家屋や古い街を抜けてガッタンゴットンとゆっくりと遠ざかっていくと、踏切が開放されて一旦遮断されていた沿線の日常が一気に動き始める。
その瞬間、ちん電も鼻歌まじりで「そーら、行くよー!」と走っていくように感じてしまう。

おじいちゃん、おばあちゃん。
学校の帰りの学生さん。
スーパー帰りのお母さん。
たばこを買いに行くスリッパのおっちゃん。

木でできた古い停留所からその光景を眺めていると
なんか楽しそうで、嬉しそうな、そんな感じに見えてくるし、いつもみんなそうであって欲しいなとも思う。

今日はクリスマス、みんな幸せな週末を。



 




[PR]
by shonencamera | 2016-12-24 23:36 | プチ鉄 | Comments(4)

ひゃくまんえん

少し前にホーム突き落とし事件でニュースになったJR新今宮駅の下を交差する阪堺線のちんちん電車は、今池駅を過ぎてから長い下りをガタゴトと車体を揺すりながらグニョングニョンに見えるレールを慎重に降りてきて、ちんちん電車の新今宮駅にやってくる。冬空が黄色に染まりそうだったので、いけるか?!と思いタムロンの150-600をドサっとバッグに入れて、一脚を前カゴに放り込んで行ってみた。
d0207730_00010905.jpg
ひっきりなくやってくる上町線と比べると、1時間に3本~4本というのーんびり具合で、もう少し寒くなったら電車が来るまでの待ち時間に凍えてしまいそうになるのが阪堺線。外国人旅行者はいっときから比べると季節が季節なのだろうか少なくなっているが、分厚い作業着姿のここ界隈のおっちゃん達は昔から同じ人がずっと年格好も変わらず生き続けているんだろうかと思うほど何も変わっていないように見えるし、踏切の側の植え込みのコンクリートは、この季節でも小便の匂いがぷんぷんしている。21世紀になってもう随分経とうが、少し東に日本一背が高いハルカスが建とうが、急に外人が大勢やってこようが、そんなことくらいではここはやっぱり何ぁーんにも変わらない。


少し前に雨をサーッと降らせた雲がまだ残ってるのか、期待していたほどのイエローにはならずこのあとすぐに冬色の空に戻っていった。

d0207730_00011945.jpg
昭和の古いビルと一見して誰でも木造だと解る家屋の隙間には夕方の光も届かず、レールだけが空の色を反射する。

しかしこのレンズ、もう旧型になってしまったけど開放付近でもにシャープで気持ちが良い。新型はもっとすごいのだろうか。

これを撮っているとき不意に背中に「これな、、ひゃ、ひゃくまんえんくらいするんか?」と。声がする方に振り返ると、ジャージにニット帽のおっちゃんが(でもたぶん歳でいえば僕より若いかも...)ニョキーと伸びたタムロンのレンズをポケットから出した指で刺している。一杯ひっかけてきた帰りかな。
「あは、そこまでせーへんせーへん(←しないよという意)」と手をひらひらと振って愛想を返しながらファインダーに眼を戻して数枚撮ってからもう一度振り返ると、もうおっちゃんの姿はなかった。

なんだかねぇ、憎めない町だなぁーって、やっぱここはそう思う。





[PR]
by shonencamera | 2016-12-24 00:40 | プチ鉄 | Comments(4)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

未稼働に終わった合体メカ
at 2017-10-11 00:43

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ