「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日が暮れても練習日和

d0207730_12323794.jpg

三脚を抱え夜景を狙う以外では日が沈んでから撮影しようとは普通思わない。
日が暮れると一気に寒さが増してくる冬場なら尚更である。
しかし写真というのは不思議なもので人間の目にはただの夜としか見えなく光景も、昼間とはまるで違う景色に変わる。

機材のテストを兼ねて、久々のスローシャッターでの撮影。
チン電はこちらがお願いせずともひっきりなしに行き交い、しかも時間に正確で格好の練習台だ。
もともと子供の頃に電車好きだったこともあるが、仲良しの鉄分多めの友の影響もかなりある。
しかし鉄の細かいことやセオリーはさっぱり知らぬので、自分なりに見て感じたままを撮る。

引きで流した写真は黒い空の面積が多いので、いつの間にかTVで慣れてしまった16:9の比率にしてみる。
広角で被写体を浮き上がらせるのはなかなか難しいが、そこそこいい感じの出来かとひとりご機嫌さんになる。
プリントサイズやカメラのもともとの比率から自由になると写真もまた新しい見せ方があるかもしれない。

通常写真でもそうだが、このような広角気味の写真の場合は特にできるだけ大画面か大伸ばしで鑑賞するのが最良なのだが、ブログなどの掲示では残念ながら難しいところである。


d0207730_1217402.jpg


暗くなってからの街中撮影は予測できない周囲の動き、どこから照射されるかわからないヘッドライトビーム、さまざまな偶然性が絡むので根性込めてシャッターを押した瞬間よりも、その後保険にと押したショットの方が後から見るとそれ以上に良かったりもタマにあったりする、そういう意外な楽しさもまた面白く好きな撮影でもある。
とはいえ、自分の思った通りのイメージに写せた時はやはり一番手応えがあり素直に嬉しいもの。
トラムの少しとぼけた低めのフェイスがなんとなく可愛らしい。



d0207730_1246672.jpg


流しはそこそこ恥ずかしく無い程度の自負があったが、縦気味のブレが微妙に残り思いがけず手を焼いた。
低速の移動物体の意外な手強さに新たな発見をしてワクワクする。やるな、チン電、オモシロイ!

どういう自己微調整をすれば狙った箇所が止まるのか、気が付けば何度も真剣に対してしまうことになった。
撮る度に次の修正課題を見つけ出し思い通りのピンの芯コントロールが自然と反復できるまでトライアンドエラーを繰り返す。
理想を求めてそれに近づいていく過程での、完全集中してる時間はとても幸せだ。

自分には未知の被写体は色んな意味で面白く、気づく点も無数にある。
そういうのもまた新しい発見で勉強になりありがたい。
きっかけを与えてくれた友に感謝である。

直接結びつくわけではないが、こういう習作の積み重ねから普段の撮影の感覚は必ず磨かれる。
[PR]
by shonencamera | 2016-01-27 22:00 | プチ鉄 | Comments(6)

RolleiMagic ストラップ <書き忘れ>

ローライのストラップはカニ爪が有名だが、ローライマジックは違うタイプを採用している。

d0207730_2255376.jpg

ミノルタのオートコードの後期もそうだが、そこらへんのパーツで代替がきかない金具ということで良くも悪くも難儀な部位である。


d0207730_22573490.jpg

この個体は本体、エバレディケース、ストラップともに奇跡的な状態であるのでアップにしても全く恥ずかしくない。
この小さなパーツ、ものすごい精度と細かいパーツの組み合わせで、単なる金具の域を超えているような気がする。全盛期のローライは本当に強烈に凝って凝って凝りまくる。

ここらへんもハッセルとは思想が違うような感じがする。ハッセルの誉の比重はほとんどがツァイスのレンズ性能をしっかり出せるボディシステム、という点であり、ボディやバック自体の造りだとか仕上げだとかを感じるのは500初期でもうほぼ終わってる、その後のボディに進化としてはTTLフラッシュだとかくらいで見るべきものが無い。

ローライは逆に最初はペンペラペンのボディなのにバージョンUPする度にどんどん強烈に各部の進化が止まらない。もう毎回隅から隅までほじくって改良する(その当時はもちろん知らないが)、その行為すら技術者が楽しみながら技術者自身の為にやってるような気さえ、ボディを触ると感じるのである。

なのでローライフレックス最終型のFとなるともうミッチミチの詰まりまくったボディが手にずっしりとくる。あの小さな箱型で1キロ超だから中身のギアとかを想像するとワクワクする。このマジックの脱着式ピントフード(Fと同じ)でもそうだが、屏風式に畳める構造もさることながら、ひとつひとつの操作で小気味良い音をパチン!と鳴らして各部が動く。閉じるときは少し屏風をたたみ始めたら、もうシュパン!と自動的に閉じちゃう、その様を知ってしまったらノックアウトされないヤツはきっと居ない。各部の動きひとつだけで、国産コピー品や他の追従を全く許さない、別格、ということを感じるはずだし、ローライ技術者もそれを絶対自負していたはずだ。どーだ、うちのカメラ、すげーだろ?!めっちゃいいカメラでめっちゃいっぱい写真を楽しんでくれ、腕組みして自慢そうにそう誇らしげに言ってそうな気がする。

ライカもM3をピークに出すにつれ軽い軽いかーるかるのボディになってM6の時点では中身入ってるんですか?って感じになってしまうが、前述のハッセルもライカも、今も会社が残っているという点で結果は勝ちだ。あのローライはもう無い。

ライカ、ハッセルは会社が生き残る術としてそうしたのであろうし(コストダウン化)、そうでなければ慈善事業じゃないので会社として成り立たない、悪いわけではない。(ローライも残ってるとはいえもうネームを維持してるだけで痛々しいくらいである。まだカメラ屋としてギリギリの最末期にGX、FXなどでAEつけて絞り出してはみたが、あの金額でアレではボッタクリに近い残念なカメラである)


d0207730_230394.jpg

d0207730_2301591.jpg

分厚く頑丈なガードフラップは単独で自由に回転し本体を守る。


d0207730_2311329.jpg

円形かと思えば削りが入っており、2方向しか入らない。
ラジアル側もスラスト側もガタなどは全くない。ここまで凝りまくったストラップ金具。。。
やはりローライ恐るべしである。
[PR]
by shonencamera | 2016-01-05 08:07 | ローライフレックス | Comments(0)

RolleiMagic アレコレ

あけましておめでとうございます。
今年もあいからず好きなことを好きなようにUPしていこうと思っています。
ではローライマジックの続きから今年もどうぞよろしくお願い致します。


d0207730_2365520.jpg

ローライマジックの露出計はここにある。当然ゴッセン製。
EVはざっくりと8.5-18なので屋外快晴から夕方くらいまでをカバーする想定だろう。
ASAは1600まであるのでここをいじくってAEのまま露出補正も思いのままである。


d0207730_241548.jpg

巻き上げはクランク式で、感触も何もかもがローライフレックスTと同様である。


d0207730_2395824.jpg

こちらサイドはかなりオリジナルで、フラッシュ系の辺りなどは日本型を彷彿とさせる(どちらが先か知らないが)
2箇所長方形の部位は後述するが、なんとなくわかるだろう。


d0207730_245736.jpg

背面には見慣れたバリュー図などが全く無く、実にあっさりとしている。
AE精度への自信があったのだろう。


d0207730_2463431.jpg

底面もローライフレックスT。カジュアルさを感じるトコロである。


d0207730_2473974.jpg

こちらも全く同様で、合わせマーク式なのであっさりとしている。
巻き上げ、1コマ1コマのカウンターの上がり具合や、そのカッチリ感は流石、心地よい。


d0207730_250570.jpg

あの長方形の部位は、これなのである。
何故こういう形式を取ったのかは、やはりモダンイメージの追求と全体的に出っ張りを無くしたいというデザイン面でのオリジナリティーを狙ったものだろう。

こういう新しい試みの成果はエバレディケース脱着の際にユーザーは感じることができる。
三方で突起物といえば巻き上げクランクしか無いので、そこさえクリアすればスポン!と無理な開口部の拡大などをせずに出し入れできるのはこのモデルだけだろう。ピントノブに露出計が入ったローライフレックスのエバレディケースで、あの箇所に割れ目ができていないものなどなかなかお目にかかれないと書けば、うんうん!とモニタの前でうなずいてくれている人がきっと居る。


d0207730_2575439.jpg

ピントフードは2.8F、3.5F、Tと同じで屏風式の実に気持の良い最高のものが奢られており、スクリーンも全てFと同質のものである。ここらへんはモデル的にアンバランスとは思いつつも撮影時にはピントの合わせ安い上質なフォーカシングに舌鼓をうてるし、軽メンテナンス時にもローライの最高の時代の各部品質をこのマジックでも感じることができ、ユーザーは満足感と幸せでいっぱいになれるちょっとお得な箇所である。


d0207730_341664.jpg

他のWEBでは真っ先に書く項目が最後になってしまったが、テイクレンズはクセナー75mm/3.5。
これは後期型のローライフレックスTやコードにつけられたものと同じものかと思う。
性能スペック的だけでいえば大したことはなくツァイスがつくればテッサー、シュナイダーがつくればクセナーという違いくらいしか無いと思ってる方は、これで撮ったポジを見ればひっくり返るに違いない。
強烈なクッキリ感と気持の良い青空の出方は、どうせ大したことないだろと僕も思っていて目からウロコ状態だったので、クセナー恐るべし、といって良い。そして、AEの精度も全く問題ない点も驚くべき点である。

そういうレンズには是非、老舗の中古屋のショーケースを食い入るように探しまわって純正のレンズフードを奢ってやってほしい。ローライのアクセサリーは今も昔も安くはないが、この当時の純正の品質は絶対純正以外では味わえないものがある。

ハッセルの場合、何故かそれを感じないのでアクセとかは非純正でもぜんぜんかまわないのは僕だけだろうか。。。(ハッセル信者には済まないが僕はハッセルも同じくらい大好きである)


d0207730_3161091.jpg

当時としてはとてもモダンなデザインだったであろうローライマジック、フードをつければ更にシャープに映える。

少しお洒落をして軽やかに使えると粋である。
[PR]
by shonencamera | 2016-01-03 08:18 | ローライフレックス | Comments(2)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

祝! マシンガンストロボがリ..
at 2017-02-23 21:47

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ