<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

OM-D 12-40/2.8 

d0207730_17485499.jpg


以前オリンパスショールームにて触らせてもらった12-40/2.8を結局買った。
ちょっと撮っただけで広角域のずば抜けた性能には目をむく。EOSで散々あれこれとレンズに手を出しては散財し、毎度落胆していたのが馬鹿みたいに思えるほど、スッキリとスッパリと文句の付け様の無い写りをしてくれる。しかも24mmの広角域でもAPSやフルサイズと勝負できるほどの高画質を維持してくれるのはとても頼もしい。

d0207730_17512611.jpg


広角域でクソじゃないレンズ、それが欲しくてとうとう買ったのだ。
もう少しやんやと小躍りして撮りまくり、もうええからというほど記事にしたり、そうしないという点でもう僕はおっさんエイジど真ん中。

d0207730_17581449.jpg


子供たちとかを撮った写真をお見せしたいが、なかなかややこしい昨今、残念ながら差し障りの無い写真しかUPできない。

d0207730_17594976.jpg


広角域でなく、中域-望遠域もまぁ充分良く写る。


d0207730_1854067.jpg


小難しい話はどこかに任せて、使ってみてレンズの良さはショールームで触ったそのままの素晴らしいモノだったが、逆にE-M5ボディの操作の煩雑さというか、使いにくさが目立つ結果になった。

使いこなすユーザー側の慣れや愛情の問題もあるのだろうが、とっさの時の無意識でパパパっ!と切り替えたり設定したりとか、そーいう時に ムムゥ! っとくることがある。レンズのせいでは無い。僕の問題だろう。

全てが原始直感的だが、ボディには2通りある。
使うこっちが操作スキルをあげればそれにガンガン応えてくれるボディと、それを即してくる操作感。
逆に、今の時代なので何でもできるし何でもできそうな気がするが、その色んな感情モチベーションを消してくれる質感や操作感のボディ。

もう旧型になったから言ってもしょうがないが、E-M5はやはり過渡期のボディ。
あと2代くらいでかなり良いボディになるに違いない。


d0207730_18175752.jpg


で、とにかく12-40/2.8 これを仕事の撮影の集合に使ってみたのだ。
集合には小さいフォーマットで被写体深度が自然と稼げるのも当然狙ってのこと。
これがあの日からずーっと考えてた、一番試したかった撮影だ。

集合写真の為にレンズを買ったと言っても言い過ぎではない。
ただし、スナップ撮影などの仕事には使えば便利な状況もあるが、ボディ応答速度やAFのレスポンスからしてまだまだそこはEOSなどの一眼レフタイプには及ばず使えない。
ディスってるわけではなく、家族と語らいながら想い出を残すような使い方なら全く問題なく、むしろ高性能レンズをつけてですら小型軽量で全域高画質、というすごいカメラシステムになる。標準域を私用で撮るならもうEOSは持ち出さなくていいかなと思うくらいの画質。ただ、とっさの何かの時に(それは全ショットのほんの数パーセントだろうが)EOSの方がその瞬間を残せるだろうな、とは、まだ思う。それほど一眼レフの機能や操作系は長年かけて全世界の価値観が様々な人類に使われて改良と進化を重ね、ほぼ完成されてるということ。新しいミラーレスのシステムを使うと、その歴史の浅さとこれからの未来を想像する。
まぁデジタルオンリーの世代にはこういうことはどうでも良いことだろうので、新しい価値観で生きていけば良い。

オリンパスのオートストロボなどは今もこれからも買うつもりは無く、全て手持ち大型ストロボ、マニュアルの撮影で、今回はストロボはクリップオンとグリップストロボの2灯でいけるだろうと算段。
M5にはPC接点が無いのでクリップオンストロボの追加接点からグリップストロボに増灯する。

EOSの時のようにDPPであれこれしたりせずとも、撮ったまんまで既に出来上がってるよな!というほど周辺までキリリ!とした集合を撮ることができた。完全にレンズの性能のお陰である。EOS使用での集合を僕の手持ちレンズではあっさりと軽くチギってくれた小さな巨人である。それなりにお金は払ってはいるから当然結果は出してくれないと困るが、ありがたいことだ、とにかく撮る本人が自信を持って納品するときに「どーだ!」と胸張って言える、それが大切。

惜しむらくはボディの操作がやはりOM-D(M5)は慣れが必要なのか、それとも元からちょっと出来損ないなのか、どうしようもないと感じてしまう部分が多いので使い難いトコがあるが、一旦設定をして下手にいじらないでおけば、あとはデータをただ蓄積する箱である(もちろんシャッターとかは動いてるが)。
あと、見栄え。小さいボディはお客さんへの説得力に欠けることが今だにままある。しかしそれも僕が思うだけでこれだけ世代や時代が変われば、もうそんなことも無いかもしれない。そしてこの先は一部を除いて無くなることだろう。

d0207730_23385236.jpg

小さいフォーマットながら、ボケも出そうと思えばほほぉ、と思うほどの写りもするし、やはり何より広角域が素晴らしい。


d0207730_23394437.jpg

とても近くまでシームレスに寄れるのもまた、使い勝手が良い。


d0207730_23403031.jpg

最近はトーンカーブをいじれる機能(名前知らん)がちょっとイイなと、味付けで使っている。
ほとんど暗部を落とす方向で使っている。
自分が撮りたいと、観せたい、と思ったトコ以外で影であればぶっ潰れててかまわない。


d0207730_23452758.jpg


C11は子供の頃から大好きな蒸気機関車のNo1だったので、現役で走ってる姿をようやく見れて嬉しかった。
実際にはC56、C10に乗ったのでC56ポニーの可愛らしさにノックアウトされた。

川に沿って時速はたかだか35-40km/hくらいでシュポポポ走る様は憧れだった子供時代の夢が叶って嬉しかったのだが、夜通し走って到着して機関車見てハイテンションに、行き帰りとも真ん中の記憶が無い。あの走行音に誘われて、心地よく眠ってしまい、ある意味非常に贅沢な旅をしてしまった。
[PR]
by shonencamera | 2014-05-14 23:57 | OLYMPUS | Comments(2)

春の林道 和知方面 崩落・倒木・通行止

ぼちぼち雪も少しは溶けたかと、丸一日氷ノ山を走り回ろうと思って準備万端のその朝。
なんと爆眠してしまったようで起きたらお昼(;_;)。。。
日程的に氷ノ山はしばらく無理なのだが、ちょっとでもダートを走っておきたいと
日を変えて和知方面に軽く行ってみた。

猪名川の裏山林道~三峠線で和知へ向かうのが常なのだが、三峠までの県道が林道入口あと数キロというところで工事通行止め。

d0207730_18415432.jpg

仕方がないので和知まで直行してわちICすぐの峰線から入る。

d0207730_18422718.jpg

峰線は走ってすぐに気がつくほど手厚く整備されてる。幅も広く大型車の通行を考えてるような感じ。

d0207730_18445647.jpg

しかし土砂崩れはあちこちで大小ドドーンとある。
うまく伝えられないが、それでもこの林道はどうしようもなく通行不能ということにはならないような、そんな林道だ。

d0207730_18474287.jpg

なんて言ったらいいのだろう。ダイナミックさでは近畿では群を抜いてるような気がする。
木がバッサリスッキリなので展望もあちこちで望めるので眺めてて気持ちがいい。

d0207730_18491166.jpg

上の写真を引いて撮るとこんな具合だ。
実際その場に立つと、おぉ・・・と見上げてしまう。
どうやってこんな道を切り開いていくのだ??重機唸る作業の様子を見てみたい。

ただ、だからといって走って楽しいかというと、それは比例するわけではなく
走りの楽しさだけで言えば、残念ながらイマイチっぽい感じはする。(=4輪には走りやすい道)
だけど大阪からちょいと足を伸ばした近場でそこそこのダートを走れるという意味ではとてもとてもありがたい和知。

d0207730_18531328.jpg

広大なコーナーに木がドン!とあったのでここで昼休憩。
どこのなんの山だかわからぬが、見晴らしもよく遮るものが無いのでポカポカでありがたい。

d0207730_1855288.jpg

昔はこだわったりイキったりして、コーヒーは豆だ、とか言ってたが今はスティックインスタントが便利でしょうがない。
マグではお湯をついつい沢山入れすぎて薄くなりがち、対策として更にインスタントでブーストをかける。

d0207730_18575549.jpg

ストーブはガソリンストーブだよな!と言ってたのも今は昔。今もガソリンストーブは大好きだがキャンプでは無いのでもっぱらSOTOのコレ。非常に便利でやめられない。ラーメン系を好んで自ら食わないのでコッヘルも持たず、琺瑯マグいっこを直火で沸かす。カップも真空ステンカップを持ってるが、どうも性に合わない。
バランス的に控えめすぎな、何故かハリネズミのどうしようもないカップを気に入ってしまいコレばかり使っている。

ただ、ちょっとコーヒーを飲む為だけなら、サーモスに沸騰したお湯を入れるとかで正直充分....
とはわかっているが、こーいうことでもしない限りストーブで湯を沸かす機会などない。
外でちょっと湯を沸かすだけで楽しいのだ。

d0207730_196840.jpg

バイク積載前提、まともに座れそうな背もたれ付きで、一番小さいサイズを探して試しに買ったパイプ椅子。
600円でおつりがきたが、素晴らしい性能に感動する。コストパフォーマンス抜群だ。
丸太があるのでそこに座れば・・・

せっかく買ったのだから試してみたかったのだ。

d0207730_1995110.jpg

リアキャリアにくくりつけてるコレ、リアにBOXをつけたくないのでギリギリのライン。
ちょっと走るくらいならデイパックを背負わなくて済むようになった。だんだんと便利さをとるようになる。
しかしダートを走ると思い切り泥はねでこんなになる。。。
身軽になった引き換えに体重移動の際には放り投げたくなるほどケツストッパーとなってとてもジャマになる。
測ったわけではなかったが、あのパイプ椅子が誂えたようにバッグにすっぽり収まるのは少し嬉しかった。
良いのか悪いのか自分でもイマイチわからない、たぶん何か決定的なキッカケが無いとズルズルこのままいきそうな気がする。

d0207730_19172214.jpg

途中、里へ下り支線があり、そこには溜池。ここも気持ちが良い。

d0207730_1918122.jpg

分岐からは更に素晴らしい道になる。金のかけかたが半端ない感じがビシビシと伝わるこの道はいったい・・・。
その道もNTTだかなんだかわからないが電波塔が終点。

d0207730_19191837.jpg

後ろの絶壁までいってみると気持ち良い眺め。ここで昼飯でも良かったかもしれない。

d0207730_1921738.jpg

そこから田ノ向線に繋ぐ。ここはダート路面で林道らしい林道。

d0207730_19222546.jpg

あちこちで倒木がすごい。特にコレはかなり高所から思い切り落ちてきた根っこ付き。

d0207730_19232165.jpg

根っこって漠然と知ってるだろうが、こんなにデカイのである。
そして、写真じゃなんとなく荒れてる?って感じにしか見えないが、路面はかなり酷い。

田ノ向線を終えると、仏主線にまたまた繋がるのが和知の面白さなんだけど....

d0207730_19255683.jpg

のっけから超大型の怪物でも暴れたか?と思うほどの荒れ様で、トライアル気味。
ブッコケたりしながらなんとかクリアしても、これではもうどうしようもない。

しょうがないので下ってきた田ノ向線をもう一度登って戻り、途中に明石線で降りようと、、、

そーは問屋が卸さなかった(笑)

d0207730_19301979.jpg

大崩落あり。

d0207730_19304022.jpg

トンネルあり(しかも唯一のそこがめっちゃくちゃマディ)。

d0207730_19312125.jpg

土砂もろとも丸太の嵐。

d0207730_19315421.jpg

こーいうのも現場じゃ、一旦降りて歩いて、ラインを考えてから走るくらい、それくらい酷い路面なんだけど
写真で撮ったら「なんや、ちょっと荒れくらいやん?!」って見えちゃうのが不思議。

で、最後の最後に 工事通行止め!(笑)

挨拶に行ってみたら、もう降りてきたんなら気を付けて通りなさい、と言ってくださって下界へ戻れました。


冬の間の自然の暴れっぷりはすさまじいものがありました。
こういうのを整地してくれはるので、林道を楽しむことができるんだなぁと、別の意味で勉強に。
林業の人たちの道路だから僕らは遊びで走らせてもらう、何かできないものだろうかと思ってしまいます。

ま、せめてゴミ出さない、コンニチワと挨拶する、ゲート開けたらちゃんと閉める、でかい音で地元の人らをイラッとさせない、入ったらアカンとこ入らない、とか当たり前のことだけどそーいうことしかできないですけど、ずーっと走らせて楽しませてもらうにはそゆことでしょうね。ほとんど私有地、誰かの山でしょうし。

ツーリストのエア圧は 前0.8 後0.7 に。どんどん落としていってますが道中もこれで大丈夫です。
スプロケは5MPなので選べない為、フロントを14Tに。非常に扱いやすく、自走道中もなんとか許容範囲。

最後にロガーのマップ。しばらく工事が続きそうです。誰かの参考になれば。
d0207730_19464679.jpg

[PR]
by shonencamera | 2014-05-09 19:54 | 単車系 | Comments(13)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

TRパックも LIPO
at 2017-03-24 02:14

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ