<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

瞬間の顔 Vol.6 と E-M1 よりも 12-40/2.8 だった件

苦悩の日々も地道に歩けば何時しかひらける。
まるで果てしない登山のようだったが、ようやく全データが完成しUPも終えたその足で向かった先は本町OLYMPUSギャラリー。

d0207730_2129526.jpg


目的は山岸伸さんの「瞬間の顔 Vol.6」が開催されてて、その中でも野村萬斎三代の写真が見たかった、
ことと、わりとなんとなくオーナーになったOM-D(M5)がオイオイ!というほどいいカメラだったので
その上のM1が一体どういうカメラなのか触ってみたかった、それが同じ場所で完結できる。

山岸伸さんの写真は知らないうちにみんな見てると思う。特に男子は。
で、その山岸さんが撮った写真をずーっと見てると、シニアにならはった俳優さんとか久しぶりに見たりして
時間って平等だねーと自分も含めてしみじみシクシク、、、してねーよ。


そして少年カメラの名に恥じず、カメラコーナーではまるでスイカに体ごとかぶりつくカブトムシのごとく
ずーっとM1触りました。
WEBで見てたら巻き戻しクランクっぽい箇所や、まるでOM-1のメインスイッチなど
あざとさ満点を感じたが、実際に手にしてみるとそれはOMへの自己オマージュとして良いじゃないか、と思えた。
自社の製品に誇りを持ち、それを今だからこそ堂々とテヘペロでフラッグシップに載っけちゃう。
それくらいナルシストでも、ちゃんとデザインとして違和感が無くそして中身が良ければ、それはOKだ。

何より手にとった一瞬の感覚が、カメラらしくて良い。
感覚の問題だから人によって違うだろうが、ダイアルの配置やダイアルの形状、レバーやボタンのさわり具合等、保守的かもしれないが普遍的なものは安心感と信頼感を与える。

d0207730_21414650.jpg


M5と比べるといろんな箇所がカメラらしくなり、良くなった部分いっぱいです。
ファインダーなどは「覗かなきゃよかった・・・」と思うほど100倍良くなってたりして欲しい、あのファインダー欲しい。
まぁそれはそれは良いカメラになってましたが、僕が思うに

新機種で10万超えるボディならそんなの当然

なので まぁそらそやわな、って感じました。


それよりもどうなんだろ?と思ってた12-40/2.8がめっちゃくちゃ良かった。
あぁ、どうしよう、あー欲しい。たまらん欲しい。。。
これでM5が得意とする領域はほぼ全て撮れるじゃない☆

という印象で、今はこのレンズで頭がいっぱいです。


スタッフのおじさんはとてもやさしい人で、僕のM5に12-40/2.8をつけてお撮りなさいとか
M1にSDカード入れてデータじっくり見て下さいとか、まぁほんとうにアレコレじっくりいじくらせてもらえました。

終いには、フォーサーズ時代のレンズもお使いになれますよ、と。(・・・うーん、たぶん今わざわざ買わないですけど)
と、思い出した!だいぶ前に少し本気で考えた300/2.8を頼むと、ショーケースから出してくださいました。

d0207730_21485687.jpg


のホホホぉ~~~、少し小ぶりなかわいいサンニッパですけど、造りと質感、触った感じは良いですよー!
こういうタイプのレンズを構えると、燃えますね。写欲が滾る。空港やサーキット行きたくなる。
でも、AF残念でした。もったいないですね、こんないいレンズ使えるけど実質使えねーってのは。

とまぁめっちゃ久しぶりの外界を僕が幸せになれるものがいっぱいの空間で過ごさせてもらいました。

うーん、思い返してもあのサンニッパと12-40/2.8はいい。
[PR]
by shonencamera | 2013-11-23 22:08 | OLYMPUS | Comments(2)

K-01 PENTAX ...コレ、フルサイズだったら良かったのにね

d0207730_2315794.jpg


大人の事情もいっぱいあるんだろうけど、K-01が再販され
そして当然のごとく毎度の叩き売り状態の仕打ちをうけている。いつもバナナなPENTAX。

みんな存在は知ってるけど、実際ユーザーの買った理由のほとんどは

「安かったから」 だろう。

無限ともいえるカラーバリエーションや、あれこれのコラボなど
PENTAXは生真面目なK一桁以外ではいろいろそれなりに模索をしているようだが
Bグループの真ん中くらいがチャラ男を気取ろうとしてるように
いつもベクトルが明後日の方向でなんだか気の毒に映ってしまう。
(今でも好きなメーカーだから余計にそう思う)



PENTAXだけ、フルサイズのデジボディがまだ無い。αですらとうの昔に出している。

その代わりに名前も覚えようという気にもならない
モデルチェンジしても「え?どこが?」という性能的に中途半端なAPSボディばかり出している。

レンズはもっと気の毒で、APSセンサーには それ、ひたすら使いにくくない?と案じてしまう焦点距離
特に40mmや70mmとかが好きみたいで何故かそれを多用し
リミテッドの栄光を引きずりたいのか、でも結局ネームすら安モノにしてしまってる感じがする。


どうやってもセカンドランクのままのような位置は揺るがなさそうなPENTAX。
ごくごくスタンダードなフルサイズのカメラボディを出したら?いい加減。
PENTAXなら信者多いから今出たとしても

・まさかの1200万画素
・ISO400までしか使えない
・3コマ/秒
・ムービーは撮れない

だったとしても「御降光!」とかってみんな号泣しながら買うと思うんだけどなぁ。。。

まぁちょっと冗談キツイ言い方だけど、それほどみんな待ちくたびれてると思うんだ、生粋のKマウントフルサイズ。
イロモノや安モノ出してちょいウケで身内でハイタッチ!して満足してる場合じゃなくて
カメラメーカー続けるならちゃんとしたスタンダードカメラ作らなきゃ。


K-01がダメだとかそんなんじゃないよ。たまたまのコト。
コレは変わってる、ひたすら外観と、付き合う為の姿勢が変わってるカメラ。
クソだと言われれば確かにクソカメラ。
しかし僕にはQよりまだ実用的。


-- 今までに見たこともないカメラ -- とかいうのは
α7Rみたいな変わってるけど可能性が溢れてるカメラがそうだと思う。
K-01にはデザイン以外に残念ながらそれがない。
安いだけのクソファインダーを捨てた思想まではいいが、外側をデザイナーに託しただけ。
それで少し話題になってもそれはデザイナーの力。
それを自分の力と勘違いしてたとしたら可哀想としか言いようがない。
初代5Dのセンサーでも中古で拾ってきて黙って積みゃものすごいバックオーダーにすらなったろうに。
遊ぶのはいいがやることやってから、って子供の頃言われただろう、それといっしょのような気がする。
APSのK一桁をみんな黙って買っているのは、いずれフルサイズ....と願って買ってくれてるのにね。

ぼちぼち信者がずーっと優しく温めてくれてるぬるま湯から出なきゃ、PENTAXは。


α7Rがレンズキットで出さなかったのは、マウントアダプターでもいっぱい遊んでくださいよ。っていう意味だろう。
フルサイズレンズはフルサイズでやっぱり使いたいもの。
それをよくわかってて商売も考えて、そして会社のカラーを打ち出す役目も担ったα7Rは
変り過ぎてていっぱいいろんな誹りも受けるだろが、強い会社が出せるカメラだわ。

そういうカメラは楽しいし、ワクワクする。
PENTAXもそういうカメラをまた作って欲しい。
[PR]
by shonencamera | 2013-11-21 00:02 | その他のカメラ・レンズ | Comments(0)

クリップオンでソフトボックス

若きカメラマンから「430EX2が2つ揃ったのでソフトボックス使いたいんだが」と質問がきたので調べてみた。
僕も昔クリップオンでなんとかならんかな、と思ってアレコレ試してみたりしたんだけど、時代は進んでて
おお、いいじゃない?コレ、という良さげなものから怪しさ満点のモノまで色んな種類の物が出ていた。

その中で良さそうなモノがコレ↓
d0207730_17203992.jpg
名前はSMDV SPEEDLIGHT DIFFUSER BOX といって40,50、60の三種類あるようだ。
日本ではケンコーが代理店してるらしい。

あともうひとつ↓
d0207730_17221293.jpg
ファイヤーフライ。韓国のオーロラライトバンク社で日本法人もあるみたいだ。ココ

どちらも構造的には芯を抜いたアンブレラタイプのディフューザーで、ソフトバンクみたいに直照射をせずBEAUTYDISHのように一旦反射させて拡散光を更にアウターディフューザーでソフトにする(長いね...)という仕組み。
d0207730_17494558.jpg
光的には反射させたほうが柔らかい光になるので良い場合が多いが、クリップオンでしかも430クラスだと光量的にムリじゃね?今はISOで対応できるか?という点と、そもそも大きいサイズですら60cm程度のオワンで柔らかいも硬いも無いこたね?っていう素朴な疑問も僕は浮かんでしまうんだが、まぁとにかくこの2つが画像で見る限り品質的に希望に叶い、そして仕事として使っててそこそこ壊れずに持ち応えそうな気がした。触ってないから直感だけだけど。

僕が昔、試しに買ってみたクリップオン用のはコレ
d0207730_17533882.jpg
フォトフレックスのSタイプだったか忘れたけど、ステーはファイヤーフライとよく似てる。
あの時代はフォトフレックスくらいしか買える金額のソフトボックスなんかどこにも無かったんだ。
安い割りには今アマゾンやヤフオクでホイホイと買える中華ボックスより品質はさすがに良い。

これでガンガン撮ったぜ、と書かないのはステー部分やその他使ってて
現場では無いよりはマシだがちょっと自信を持って使うには程遠い、という印象だったから。
休みの日にコレクションをキレイに撮る、だとかそーいうサンデーパパカメとかなら良いかもしれない。
そこらへんをシュミレートすると、ファイヤーフライのステーはストロボのっけたら「びよよ~ん」ってなりそうな気がするし
傘の内面がシボとかついてなさそでペンペラの銀みたいだから...(ただでさえ小さい光量的には有りかもしれないけど)
この2択だったらSMDVかなぁ。


使ったこと無い人にとっては見た目や値段、そーいうトコしか選択基準が見いだせないだろうが
テントタイプのディフューザーって、体積比では軽いんだけどスタンドに着けるとかなり負担がかかるようで、重量のある頑丈なスタンド+しっかり締め付けできて尚且つ頑丈なクランプ(ダボにつけて角度を変えるトコ)とかじゃないと、安定しないし安心して使えないんだ。

相手がモノなら倒れたり何かあっても弁償すればとりあえずなんとかなるかもしれないけど
人間に何かあったらタイヘンだ。まぁそもそも安定しないセットで何かを無理やり撮るということ自体、やっちゃいけない。

だから機材って性能はともかく安心、安全、確実、シンプル、というのが選択の大前提になってくるんだけど
まぁそれは最初はヘボい機材を使って自分で実感しないと怖さも痛さも便利さもありがたさも何もわかんない。
運もあるし気が付かないままってこともあるし撮影条件とかもあるからね。


隠れ機材ヲタクの少年カメラが「あぁ、コレは全く不安無く使えるな」と自信持てるモノはコレ
d0207730_18103716.jpg
まるでモノブロックから中身を取り外したようなコレが一番使える。

d0207730_1812032.jpg
照明機材全てに言えるんだけど、ココが肝。ココがヤワいと撮影どころじゃ無くなる。
B級メーカー米国Interfit。生産は当然台湾。
国産のメーカー品質には仕上げとか一歩劣るけど充分な精度の締め付け具合。
マウントはユニバーサル化してる割りには日本での知名度低いボーエンズ。
100cmクラスのソフトボックスを装着してもびくともしないクリップオン用は知る限りこれだけ。
海外通販じゃないと買えないのが残念。値段はそれほど高くないんだけど送料がすごい。

お気に入りはこれに
d0207730_18432499.jpg
d0207730_1841237.jpg
ビューティーディッシュを組み合わせると光がすっごく良い、大好き。
オパは持ち運びめっちゃ不便だけどやめらんない。もっと口径デカイの欲しくなる。


ただ、やっぱりクリップオンでどーにかこーにかしたいと思うなら傘バンじゃないかな。
Manfrottoのしっかりしたクランプとサンテックあたりのちゃんとした80くらいの傘でいい。
それだけでとてもキレイな写真が撮れる。

それかもう根性据えて最初から小型モノブロックのセット。結局一番無駄な金使わず長く使える。


といっても、たぶん見た目でSMDV使いたくなるんだろうな。パイピングとかカッコいいもんね。
ちょっと検索かけてみたらヨドバシで扱っててびっくりした(笑)買うならヨドバシ通販だな。
アマゾンよりヨドバシ通販の方がすごい、本当に当日届けてくれるんだ。最初は え? ってびっくりするよ。


あの子だけじゃなくて同じくクリップオンでと考えてる誰かのために。
[PR]
by shonencamera | 2013-11-17 19:43 | アクセサリー系 | Comments(2)

RF603をしゃぶり尽くせ  OM-D+Canonの共存

毎度の仕事ニートで今日何日何曜日?状態で過ごしてたら知らないうちにめっちゃ寒くなってた。
まだ外に出かけられないのでおうちでできるちょっとヲタク工作。


中華製ラジオスレーブがもう欠かすことが出来ないアイテムになってしまって
一旦その便利さを知ると、ワイヤードには戻れない身体に調教されてしまっている。

あぁ、、、あなたって、スゴイのね...

と、デフォルトでも便利な御主人様だが人間というもの欲には限りがない。
ソレを知ってしまうとアレもコレもしたくなる。

また「イマサラ」になるがRF603をいじくりたおしてヒーヒー言わせようと試みた。


Canonヘビーユーザーや撮るより買うのが好きとかのカメラヲタクで知らないヤツは居ないだろうから
603や622の説明は端折るぞ。

603の良い点は、ラジオスレーブができるのは当たり前だが、加えてラジオレリーズができるトコだ。
で、悪いトコはいっぱいあるが、Canon用ならCanon該当機種でしか動作しない、もまぁ当然だけど
中でも ホットシューに装着していないと一切何もできない という点、だった。

だけど、よく考えてみればRF603はTTLオートに対応してなくて、ただの無線トリガーだから
ホットシューにある補助端子など関係ないはずで、それをとっぱずしてしまえば機種に関係無く使え
取り付けようが取り外して使おうがそれは使う側の好きな撮影スタイルに任せればいいだろ。
そっちの方が売り手側(在庫や作り分け)も買い手側(Canon用だNikonようだ)も便利じゃないのか?

という1ユーザーのひとりごとは置いといて、それを目指して改造しようということだ。

先に書いた 「だった」 というのはこれで思ってたことがほぼ出来たからだ。



さて、ネジ7つだけだからちゃっちゃと先いくぞ。

d0207730_13372772.jpg
ネジ外してパカって開けろな。0番+ドライバー要るぞ。

d0207730_13382252.jpg
ホットシューの基盤も外せな。 ほら、それだそれ。
バネ、びよよ~んって飛んでっちゃったりするかもしんないから箱の蓋の上とかでしろよ。
絨毯とかに入ったらもう見っけらんないぞ。

赤の矢印の端子をハンダで導通させるんだとさ。
ありがたいことだな、ネットって。

d0207730_13411673.jpg
ハンダ持ってねぇってか?オマエそれでも男の子か?図画工作の時間とか嫌いだったのか?
まぁしょーがないから、バネを細い銅線かなんかでくくって短絡させるっちゅー手もあるわ。
確実性や二次災害の可能性から言えばちょと怖い気もするけどな。

じゃあネジ締めて元に戻せな。


あ、ディップスイッチ「2」だけOFFだぞ。
写真撮るの忘れた。しかし紹介ブログとかよく作業中にマメに写真撮ってるよな。。。ムリだ。


さぁ、そしたらOM-Dにのっけるぞ。

d0207730_13464771.jpg
おぉ~、光った光った。
方法のっけてたどこの誰かわかんねーアジアのブログの人ありがとう。
あと、僕のオラオラブログなんかよりすごくキチンと書いてる日本の人のブログはココだ。とても参考になったありがとう。

d0207730_13473792.jpg
で、チャイナですらライナップしてくれねーRF603oの出来上がりだ。
試してみたら1/250はさすがにダメだった、1/160までOKみたいだから1/125が安全SSだな。
それなりにアレコレ長時間試したが極普通に動作してるみたいだ。


で!何が大事かというとオリだけならこれでいいが、改造したものがCanonで動作するかどうかだ。

d0207730_1350475.jpg

あれ? した。。。すごいな。 
でも接点がどうEOSに作用するかわからんので、改造した603はCanonでは受信機専用だな。


d0207730_13532748.jpg
改造しても受信機として動作がちゃんとするかというのも確認だ。
動作OK。

TTLの622になって(めっちゃデカデカになって)ほとんどが改善されたけど
実際使っててホントーにイライラするのは
d0207730_13544882.jpg
シューロックが無いこと。

スタジオとかでただの送信機としてならまぁまだいいんだ。
(でも何かでちょっとズレると光らないから「あり?」ってなって押しこむ時ちょいイラっとはする)

簡易な出先集合写真とかで2灯ん時とかこんな風に1灯は上にのっけるんだけど
そんときにグラグラ危ういんだわ。すぐに ズルリ...ってズレて気づかず不発とか焦るし恥ずかしい。

d0207730_1402860.jpg
あとどこでも書いてて買う前から知ってるのに、使ったらホンマにムカつく触れないON/OFFスイッチ(装着時)。
たぶん作った中華人も「できたー!」「・・・あ( ̄□ ̄;)!!」って感じだったじゃないかな。


とまぁもう使ってる人はバリエーションが増えるし
これから買おうとか思ってたらCanonとOLYMPUSは共存できるということ。
Nikonは知らんけど、NikonとPENTAXはそのまま無改造で使えるらしい。
前にも書いたがストロボはさすがに今は専用だよなと思ってたけどけっこう融通効くのね。

あと、ディップスイッチもネットのどこかに書いてあったのの受け売りだけど
単体でレリーズ動作、テスト発光できるようになるんだ。 

ということはどういうことかというと、、、
まだ到着してないから写真無いけど、ミニジャックに繋がるレリーズのケーブルバリエーションさえあれば
全てのカメラで無線レリーズができることになるのだ。
コレはほんとにありがたい。

ただしその各社ミニジャックの接続コードが日本じゃちょっとボッタな値段だったりする。
よくできてるねー、世の中ってみんな商売人だ。
[PR]
by shonencamera | 2013-11-15 22:21 | tips(小ネタ) | Comments(0)

NIKON DF  イイね

2014.10.
今更だがヨドバシで触っていじくる機会があった。手にとった瞬間に「軽っ?!」とモックアップかと思ったが、実際に動いて撮ることができて2度びっくりした。実際の見た目はフィルムボディのスマートさにも欠けてて、手にした瞬間に伝わるあの緻密さが無い。良いか悪いかとかは買う人、買った人が判断するから僕にはなんとも書けないが、いいじゃない、と思ってたモノがこういう感じのモノだったということにひたすら驚いたというのが非情に印象的だった。


スペック的にはD4の移植みたいで特に目新しいこともないのに、何故かものすごく気になるカメラが出たね。
俯瞰で見ると少し分厚くてCONTAXのG1とかが出たときみたいに少し「ちょとデブじゃん」と感じてしまうけど。

これいいわ。ブラックの方が締まって見えてイイ。

d0207730_20185726.jpg


そうそう、目盛がいっぱい刻んであるんだ、カメラって。
またそれがめっちゃキレイな模様に見えるんだわ。
ダイアル回すとカチン♪カチン♪ってクリック感がすっごく気持ちよくて気分まで良くなるんだ。


ざっと見て一番うわっ!・・・ と思った点が シャッターボタン。
デジタル一眼が出てから初めてじゃないだろうか。
レリーズが挿せるデジボディって。

d0207730_20232255.jpg



動画撮れないんだってね(笑) ニコンやるじゃん♪ めっちゃ硬派だ。

ハイブリッドシャッターのFM3Aを出した時に
「そうなんだ、ずっとマニュアルだと少ししんどくなるときがあるからこれスゴイ!」
って思ったのに似てる。
こんな風体ながら中身は今のシステムが全部(たぶん)使える。
そーいうのがイイ。


こういうカメラって、OLYMPUSとかPENTAX、もしまだあったらMINOLTAとかが出してくれそうな気がしたけど
今の状況じゃパワーのあるメーカーしか作れないんだろね。
最近のNIKONはいいな、すごく写真機作ってますって感じがする。
どうひっくりかえってもCanonじゃ無理だろうもんね。。。


ただ値段は30万だそーだ。。。 あーぁ... 中身がD800Eなら納得かもだけど、そこは残念だねー。
[PR]
by shonencamera | 2013-11-05 20:39 | フェイバリットなコト | Comments(2)

独自ばっかしヽ(`Д´)ノ

d0207730_14355759.jpg
イベント写真ではクオリティも大事だけど撮る量がハンパ無いので60Dが大活躍。
使わない人は死ぬまで開けることは無いこのインターフェイスが備わる側面。
集合を撮る時にレリーズをつけるのでどのボディでもココはしょっちゅう開けるんだけど
Canonに限らずどのメーカーでも何故かレリーズを2種類にわけてる、これが昔から不思議だった。(追:PENTAXやMINOLTAは1種類だけだった、と思う)  1Dや5Dで使うレリーズは差し込むことすら不可能で、60Dは昔ながらのミニジャック(でも半押しあるから2極)
これがまたストレートジャックだと現場の慌ただしいグッチャグチャの時、なんかの拍子にヒットして折れそうで怖い。
こーいうとこはL型がいいね。

d0207730_14413530.jpg
そしてデジ一眼が出始めた頃からブサイクNo.1のこのカバー。
いまだにどうしようもなく開けたら戻りたい度がすごくてジャマでしょうがない。
60Dはまだ面積も少ないし一応ラウンドボディに合わせてる形なので閉じた時の造形はマシな方

d0207730_14451943.jpg
5D2なんかはインターフェイスが2列になっててブッサイク極まりない。閉じても工業製品かという感じの不細工さ。
開けたらピラピラピラ~ともうだらし無いったらありゃしない。

こういうトコはたぶん永遠に直そうと思うこともしないんだろうね。
Canonは道具だからいいんだけど。
でもやっぱ一番使うものなのでいつか愛でたくなるようなボディが出たらいいなぁとは思う。


と、ここまで布石だね、と感じた貴方、マーベラスです。
そう、じゃあOLYMPUSは、ですね。

d0207730_14482443.jpg
インターフェイスは2つしか無いんだけど先ずこのゴムのペラペラを開けるのがモニタを少し浮かせないとできない驚愕。 
で、開けて出てくるのは 独自規格USB端子っ ...もうやめよーよ(TOT)。。。
ダメ押しでHDMIはマイクロから更に小さいなんとかという規格。。。(使わないけどまたケーブルが増える)

で、何がショボーンなのかというと、レリーズはこのUSBに挿して使うしか術が無い。
赤外線レリーズでもあるだろ、と楽観してたらそれも無い。ウソ?と思って探したけど無い。

で、たぶんこのUSBはメイン基盤の端っこで直で実装されてそうで、もしひっかけてUSB端子壊したりしたら
メインパネル基盤ASSY交換ですね~ 2~3万円でーす、とか言われそうな気がする。
(Canonでもそうだけど有線挿すと一番怖いのがひっかけてぶっ倒したりして壊れることなんだ)

あのさ、もう独自の規格ってやめてレリーズだけでもせめて世界統一規格にできないもんなんだろうか?

昔はレリーズひとつ持ってたら世界中のカメラというカメラ全てでシャッター押せたのに。

エレキカメラになったからしょーがないっちゃしょうがないのはわかるけどさー
ただのON/OFFのスイッチだろ?(半押しの中間がひとつあるけど)


d0207730_14581844.jpg
だから中国とかでこーいうものが作られて「おー、チャイナやるじゃん!気が利くねぇ~」となるのだ。これぞ正にユニバーサル!
Canonの1D用のタイマー付き純正レリーズを1万以上で買ったけど、これなんか全メーカーのカメラでレリーズできて2000円。
中華アクセはこのまま進め、いいぞいいぞ。
プラスチックのフードを4000円前後で売ったりとかね、バカとしか言い用が無いもん、この頃。
今までアホなぼったくりな値付けをしてた純正アクセを淘汰してしまったらイイ。

...しっかし沢山あるんだね、ただのスイッチなのに。 
同じカメラ業界なのにどこも「レリーズくらいはせめて各社同じ端子にしませんか」と言わない結果がこれなんだろうな。

バカみたいだ。
[PR]
by shonencamera | 2013-11-04 15:18 | アクセサリー系 | Comments(2)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

未稼働に終わった合体メカ
at 2017-10-11 00:43

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ