<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カメラ中毒

d0207730_2127172.jpg

仕事カメラ以外でのカメラを買うのは随分久しぶり。
前から存在は知ってたんだけど、そして更にもう新しいQ10がもう出てるらしいが
性能に興味は無いのとへーっというほど安くなっていたのでついつい買ってしまった PENTAX Q 


カメラ中毒

ほぼ男性に発症する病のうちのひとつだ。
僕は何十年も長いことカメラ中毒のキャリアで発症してからも長かったが、今はすっかり完治したともいえる。
カメラジャンキーからの社会復帰はかなりの長い道のりを必要とされるので完治は一筋縄ではいかない。
家族や身内、親戚縁者、無二の親友の優しい言葉やいたわりなども、渦中の人には火に油を注ぐだけ。
聞いちゃいねー状態になるんですね。まぁ恋といっしょです。ずーっとそれしか考えられなくなるんです。

特徴的なのは女性の場合ほとんど発症例が無い。
すなわち発症した人の気持ちが解らない(女性が薄情という意味じゃなく、生物学的に女性には理解不能)ので
家族(ほとんどが奥さんだろう)の理解や協力は絶望的というテング熱よりも恐ろしい病気だ。

デジタルはそういう気もちにさせてくれないので、ホっとする反面少々寂しくもある。

さてペンタックスのQ
手にすっぽり収まってしまうこのサイズとレンズ交換できるギミックはデジでのauto110を目指したとか。
オート110をリアルタイムで知っている僕ら世代からしたらカワイクてカワイクてしょうがない。
まさにメーカー開発者の思う壺。
別にコレで何を撮りたいわけでもないし、コレだから撮れる特別な写真も無いだろうが
いつもポケットに入れて持ち歩きたくなるカメラを買ったというのが
まだこんな気持ちになるんだと自分でびっくりするし、じわ~っとニマ~~~っと嬉しくなる。

手にしてからはその小ささに感心しきり。
他にどんなレンズがあるんだろう?
と調べてみたら、広角レンズではTOYレンズしか無いみたいでそれはちょっと残念。。
是非ともキリリ!と良く写るしっかりした広角レンズを出して欲しくなる。(あ...また中毒発症しそー(笑))
でもね、コレ、なんか夢があってとにかく持ってるだけで楽しい。

d0207730_2275740.jpg

レンズキャップなんかチョキの間に収まってしまうくらいち~さいの。
それでいて造りは今のペンタのレンズキャップをそのままサイズダウンしたモノだから余計にかわいらしい。
ミニサイズでも手抜き無しでしっかりと造り込んでいるモノってジャンルを問わずワクワクします。

え?どんな写真が撮れるのか、性能は如何に、って? 

だからそんなことどーでもいいんです(笑)

持ってるだけで少し幸せな気持ちにさせてくれるカメラってすごく久しぶりでそれが嬉しいのだから~~。
[PR]
by shonencamera | 2012-12-18 22:32 | PENTAX Q | Comments(6)

タラレバハーレー アンソニーよ何処へ その4 完結

目指す湯原の露天風呂にドッボーンツーリングが、距離にして半分足らずで終わってしまったタラレバハーレー
もう書いててもつまんないからその4はやめとこーと思ってたんだけど・・・

書き方が悪かったのか、写真だけザッと見て文を読んで無いのか
「自走で帰れてよかったですやん」という感想を耳にしたのでその4、終焉を書こう。(ネタ無いし)
           ↑よかなかったんだょ(-_-メ)

d0207730_1919134.jpg

さあ思い出したくなくても思い出そう、懐かしの生野駅だ。
ココまでぶっ壊れたボブを自走させたのはディーラーのドナドナ号が到着した時に
山ん中の傾斜があるコーナーよりこっちの方が場所も解りやすいしピックアップもしやすいだろうとの僕の判断だ。
もちろんここまで自走させたらエンジンにダメージくるな、という壊れ方だったら現場に置いとく。

d0207730_19245138.jpg

とにかく腹がペコペコに減ってたので国道をFATBOYで2ケツして飯ごっつぁん。
途中の軽いバンプでも後ろのボブは「ぐぅぅっ!!」と唸って僕はゲラゲラゲラ~
どーやらボブはケツと腰が本気で痛そうだ。

ゆっくり飯を食ってもまだ陽は高く ドナドナ号到着までは時間が有り余るほどある。

d0207730_19281849.jpg

快音轟かせてやってきたのが生野の警察。保険の事故証明の為。

d0207730_1930654.jpg

のんびりした田舎の雰囲気のココで事情聴取を受けるボブ。
少カメ:「他にも悪いことけっこうしてるからもうええ機会やし逮捕したってくださいな」
などと署員のおっちゃんらにも分かりやすい笑いをとったりするが、ひたすらヒマでしょーがない。

d0207730_19332319.jpg

こーいう時とかでないとじっくり見ないこういう類のチラシ。
「ふーん、ゆかりちゃんはパチンコ屋で居なくなったんかぁ・・・かわいそうに。 でも半分は親悪いな」
とかヒマに任せて端からじっくり読んでいくと、どうしても眼が離せないチラシを発見してしまった。。。

d0207730_19354018.jpg

探してる人には気の毒だが、、、ほとんどの一般日本人には探せないと思う。
でもこんだけ心配してくれる人が居るのは幸せなことだ。アンソニーが早く見つかることを祈って止まない。

d0207730_19442292.jpg

生野の駅に戻ってきて、ひたすらボケーっとする。。。

d0207730_1945741.jpg

生野博士になれるかもしんないくらい全部読んでみる。

d0207730_1945462.jpg

ぶっ飛んだのはこの辺りか。

d0207730_19461836.jpg

バスも大事な役目だ。 えっ? バスに特急ってあるの??

d0207730_1947641.jpg

なんと大阪や三宮に行ったり来たりする便がある!死ぬまでに利用するかどうかはビミョーだがすごい発見だ。

d0207730_19481383.jpg

と、少し博学になっても時間は一向に進まない(;´д`)...。

d0207730_19494783.jpg

周りには店屋らしい店が全然・・・ あ、あった(笑)

d0207730_19502476.jpg

おぉ、コーヒーうどんときたかっ! プログレッシヴな店発見。

d0207730_19591326.jpg

1両のジーゼル車しか来ないと思ってたら、えらく長い列車が停まった。
「あ~!特急ハマカゼだーーーー!」と、ニワカ鉄。

d0207730_2005731.jpg

しかし時代はとっくにLED表示に変わっておりコンデジのP位置では途切れてしまう。風情もなんもあらーせんがな。。。
ハマカゼが大阪に向けて去ってしまうと、もう全てやり尽くした感いっぱい、為す術もなくベンチでゴロゴロしていたら

ドナドナ号キタ━(゚∀゚)━!

d0207730_2035887.jpg

連絡受けてすぐに高速乗ってくれはったらしく、とっても優しいディーラーさんでした。
僕やったら「ちょっとええ薬や」と夜まで放置プレーしますね。
お店との付き合いはそら金も絡むがお互いの信頼関係、これホンマ大事です。
ボブはこの点ちゃんとわかって守ってますからディーラーさん飛んできてくれたんです。
天秤かけてたりとかね、もし身に覚えのある人は心改めないとあきません。

ボブ号が無事ドナドナされたのでココでバイバイ、ソロライダーになるが・・・
時刻すでに超中途半端なので、楽しめそうな峠を巡ってとっとと家路に。

---------------------- その後 ----------------------------

修理見積 → セロー250の新車が楽勝で買えるくらい(爆笑) あ~ぁモッタイネー
身体    → 脚のどっかが腐りかけ判明で手術したらしい(...笑えねーし(><))

ぶっ飛ばすんも楽しみのうちのひとつですが、ちゃんとお家に帰るまでがツーリングです。レースしてんちゃいます。
てか、レースもチェッカー受けないといくら速くてもリザルトはただのリタイヤです。

愛車を大事に、自分の身体も大事に、帰りの最後の休憩Pで
「めっちゃおもろかったなぁ~!またいこな!」ってええ顔で言い合えるんが一番ですね。
[PR]
by shonencamera | 2012-12-04 20:56 | 単車系 | Comments(3)

オフローダー

d0207730_0332267.jpg

デコボコのタイヤ、フェンダーとタイヤとのすき間の多さが魅力のオフロードバイク

コンペティションモデルのレーサーになると年々突き刺さるようなボディスタイリングになり
公道モデルでさえエレキ補助満載成り果てたロードマシンに比べると
余計な装備などをまだ積載しないオフロードマシンは内外共にとてもマッスルスレンダーで
モトデザインとしてはもう見惚れるほどカッコ良い

セローは初登場が1985年、もうすでにアラウンド30のトレイルバイクなので
デザインとしては昭和をひきずり少々ドン臭いトコが多くあるが
それでも今だに中途半端に古臭さを感じず走れるヤマハらしい優秀なモトバイクだ

舗装路はもちろん、土の上を走るのを前提に作られたその煮詰められた機能美は
ホイールですら冬の逆光のマジックを使うととてもドラマチックに写すことができる

オフロードでは時々悩ましてくれる水たまりもここではいかすエフェクトライトに早変わり
その場でなんでもこっちのモノにしてしまうのは整備でもレスキュ-でも撮影でも同じだ


最近すっかり少年バイクと化していたために3回にわけて単車をモチーフに少年カメラのテイストで撮ってみた。
珍しく重いカメラを背負って出かけたことに自分で驚いているが、結果を見れば今度もそーしようかと思ってしまう。

しかし僕のマシンはどれも 撮ってよし、乗って速しと、つつく箇所がない...
まぁ、たまには自慢くらいさせてくれ。
[PR]
by shonencamera | 2012-12-01 05:43 | EOS(デジ) | Comments(2)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

未稼働に終わった合体メカ
at 2017-10-11 00:43

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ