<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ソーダ水の粒のように楽しそうな日々は流れる

d0207730_23573635.jpg


機械が動かなくなってしまうときは、なぜだか
「こんな時に限って...」と思わず口に出てしまうような時を見計らったかのように
静かにそぉっとうんともすんともいわなくなってくれる

誰かが頭を撃ちぬいてくれたらどれだけ幸せだろう
と思う瞬間があればこういう時かもしれない

昔からノンジャンルであまり慌てふためいた記憶は無いんだけど
そういったあまり嬉しくない場面が残念ながら巡ってきてしまったときの対処は
得意というわけじゃないが、それもまた楽しんでる一面がある

楽しむというわけじゃなくて当然何も起こらなくて無事に済むほうが好きなんだけど
そうなってしまったらいくら叫んでも、両手を挙げて天を呪っても、素直に腹を立てても
なにもその事態は変わらないわけで
少しでも早く頭を回転させて現時点でのできる最善のことをはじき出すことがいちばん
ということを知っている方がリカバリー度は高い

その過程のなかで、実はめっちゃくちゃ困りながら焦りながら、でも頭の中は普段の300倍近いんじゃないか
というほどの猛烈な超スピードで廻してBESTを探してる、そういう時の両極端な自分の中の自分が居るのが
なんだか面白いなぁとまた違う自分がそれを見てるよな気がする

それがなかなか面白い 


僕が今だに大好きなBJCの歌詞は読めばとてもとてもノーマルなのに
それを聞いてたらとてもノーマルな人が書いたとは思えないような、そんな歌が多い

黒っぽいけど常に透き通っているようなそんな感じがする

僕の大好きなPENTAX67に75mmの明るいレンズで撮ったこの時間と女の子も
なんかそんな感じがフィルムの粒にしっかり残っててとても好きな一枚

この仕事の山を超えたら
「またあのバーガーを食べにいこうよ」
と誘ってみよう

心配になるほど誰も来ない店
あの店が潰れてしまっていないか確かめに行こう

そしてそこでシャッターを押そう
いつ潰れてしまっても後悔しないように
空気と時間を切り取るようなあの大きな音のバケペンで
[PR]
by shonencamera | 2012-06-21 00:40 | PENTAX 67 | Comments(2)

フンパツもの到着~♪

ふっふっふ( ̄ー ̄)ニヤリ

買っちゃったぁ~~~~♪


どーしよーかなー、とか思ってたんやけど
どうせ要るし、明日ポックリ死んでしまうかもしれないし(一般統計的にはまだ低いが)
夜中のPC作業中の毎度のポチリ。

佐川急便の兄ちゃんが在宅確認電話までして、ちょっとゼェハァと持ってきてくれました。

d0207730_16573564.jpg
すべて井上タイヤというのがステキで泣かせる。愛国心の塊のような少年カメラである。日本万歳。


セローの具合があまりにも良いんであっという間に1500km位走破し、そーいやタイヤって・・・
と泥を落として見てみれば、どーやら新車からついてたまんまのようだ。。。
かれこれ12年は経過してるっぽい(別にかまへんねんけど)
まぁタイヤと駆動系リフレッシュして更に気もちよー走ろうと。

前にオフ走ってた時なら問答無用でオフタイヤ(ノビーってまだ言うの?)なんだけど
時代の流れはまさかのトラタイヤ。OFF主体のセローにはツーリストが定番だとか。
実はじ~~~~~~っとネットで情報だけは収集してますた。

キャラメル状のパターン一粒を指でつまめば、もぎ取れるかと思うほどグニョングニョン!
舗装路だいじょぶなんか?!と思うがこれが恐ろしいほどのグリップの秘訣なんだろう。

d0207730_17143248.jpg

こういうトコを平気のへーでクリアしないといけない時の為に導入する。
写真じゃ「なんだ、助走つけてセィッ!で行けるじゃん」と思うアナタはまだまだブルーなお尻。
土砂崩れはフッカフカのヤワヤワ土でスイングアームまでいとも簡単に埋まるし、反対側は高所恐怖症ならばおしっこジャージャー確実な絶壁。往復2回のココとかをクリアするだけで気温15℃でもペットボトル一気飲みするほどの発汗大運動会状態になるんよ。 
とにかく生きて自力で無事カエル為。

もひとつちらりと見えるONタイヤは・・・もちろんfor MY FATBOY.
燃える男のIRC タイヤまで最初から燃えてます。

そういえば、僕は単車でラジアルタイヤ車をまだ所有してない。。。。
[PR]
by shonencamera | 2012-06-05 17:34 | 単車系 | Comments(12)

瀞川氷ノ山林道 <関西林道情報>

d0207730_1730296.jpg


わざわざ伝えることは無いほど関西では超有名なスーパーロングストレートがあるこの林道。
残雪に阻まれたことで5月末に南・北とも再度走ってみたが・・・。

d0207730_1733014.jpg

R29の戸倉峠 やまめ茶屋より、タイヤエア抜きと身支度整えます。
ここからは林間を抜けるワクワクする道が続いていき適度な荒れ具合が走っててとてもとても気持ちがいい。

しかし林間部を抜けて段々と高原へと近づいていくと、舗装道が断続的に現れ
それがそのままハチ高原ゲレンデ(林道で言えば中間地点)まで続く。

そこからは北側 R9 村岡までは4輪でも楽に走れるくらいの超フラットダートがずーっと。

・・・確かにダート距離もそこそこあるし、ロングストレートは一回は経験しとかなきゃ、だろうけど
直線ではセローでも出せば軽く100km/hオーバーでも走れちゃうから、あんまし舗装路と変わんない。
全てがフラットすぎて走った感がまるで感じられず、酷林道好きの少年カメラにはちょっと・・・な印象。
やまめ茶屋からの南側入り口からの林間コースは、かなりワクワクするし楽しいんだけど。

ということでココでは途中の開けた展望の良いゲレンデで
d0207730_17432582.jpg

植物と一体化して ボケェ~~~。。。 と超展望の中、コーヒータイムと光合成をするのが最高の贅沢。
ここに登るのにはちょっとヒルクライムをせねばなりません(写真じゃ高低差わかんないけど1速でドーン!)
d0207730_17472050.jpg

ただし上の上まではさすがに邪魔だろし行ったらダメっぽいので、ほどほどのトコで。


じゃあなんでこの林道をわざわざ書いたかというと
その北側をハチ北からちょと走ったトコで 野間林道 への分かれ道があるのです。
ココがもう超ダークホースだったのでした。

先のUPで岩がゴロンゴロンしてるのがそーです。
ココはもうめちゃくちゃ楽しかった。
スカイラインダートで展望超最高だし。
ただ、降りたら何にもなかったのでしばらくウロウロして、また氷ノ山林道まで戻って村岡に走ったんですけど(笑)。

調べてみるとそこからまだ奥にもいろいろありそうで、今後の課題となりました。
氷ノ山林道はたぶんいつか全舗装されるんじゃないかなぁ。特に北側は。

地元4輪、一般車両とても多く、快適に飛ばせてしまうので逆に他の林道より色んな意味で注意が必要です。

とりあえず野間林道がめっさ良かった!
[PR]
by shonencamera | 2012-06-01 18:05 | 単車系 | Comments(7)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

LIPO ミニカム
at 2017-03-20 15:06

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ