RF603をしゃぶり尽くせ  OM-D+Canonの共存

毎度の仕事ニートで今日何日何曜日?状態で過ごしてたら知らないうちにめっちゃ寒くなってた。
まだ外に出かけられないのでおうちでできるちょっとヲタク工作。


中華製ラジオスレーブがもう欠かすことが出来ないアイテムになってしまって
一旦その便利さを知ると、ワイヤードには戻れない身体に調教されてしまっている。

あぁ、、、あなたって、スゴイのね...

と、デフォルトでも便利な御主人様だが人間というもの欲には限りがない。
ソレを知ってしまうとアレもコレもしたくなる。

また「イマサラ」になるがRF603をいじくりたおしてヒーヒー言わせようと試みた。


Canonヘビーユーザーや撮るより買うのが好きとかのカメラヲタクで知らないヤツは居ないだろうから
603や622の説明は端折るぞ。

603の良い点は、ラジオスレーブができるのは当たり前だが、加えてラジオレリーズができるトコだ。
で、悪いトコはいっぱいあるが、Canon用ならCanon該当機種でしか動作しない、もまぁ当然だけど
中でも ホットシューに装着していないと一切何もできない という点、だった。

だけど、よく考えてみればRF603はTTLオートに対応してなくて、ただの無線トリガーだから
ホットシューにある補助端子など関係ないはずで、それをとっぱずしてしまえば機種に関係無く使え
取り付けようが取り外して使おうがそれは使う側の好きな撮影スタイルに任せればいいだろ。
そっちの方が売り手側(在庫や作り分け)も買い手側(Canon用だNikonようだ)も便利じゃないのか?

という1ユーザーのひとりごとは置いといて、それを目指して改造しようということだ。

先に書いた 「だった」 というのはこれで思ってたことがほぼ出来たからだ。



さて、ネジ7つだけだからちゃっちゃと先いくぞ。

d0207730_13372772.jpg
ネジ外してパカって開けろな。0番+ドライバー要るぞ。

d0207730_13382252.jpg
ホットシューの基盤も外せな。 ほら、それだそれ。
バネ、びよよ~んって飛んでっちゃったりするかもしんないから箱の蓋の上とかでしろよ。
絨毯とかに入ったらもう見っけらんないぞ。

赤の矢印の端子をハンダで導通させるんだとさ。
ありがたいことだな、ネットって。

d0207730_13411673.jpg
ハンダ持ってねぇってか?オマエそれでも男の子か?図画工作の時間とか嫌いだったのか?
まぁしょーがないから、バネを細い銅線かなんかでくくって短絡させるっちゅー手もあるわ。
確実性や二次災害の可能性から言えばちょと怖い気もするけどな。

じゃあネジ締めて元に戻せな。


あ、ディップスイッチ「2」だけOFFだぞ。
写真撮るの忘れた。しかし紹介ブログとかよく作業中にマメに写真撮ってるよな。。。ムリだ。


さぁ、そしたらOM-Dにのっけるぞ。

d0207730_13464771.jpg
おぉ~、光った光った。
方法のっけてたどこの誰かわかんねーアジアのブログの人ありがとう。
あと、僕のオラオラブログなんかよりすごくキチンと書いてる日本の人のブログはココだ。とても参考になったありがとう。

d0207730_13473792.jpg
で、チャイナですらライナップしてくれねーRF603oの出来上がりだ。
試してみたら1/250はさすがにダメだった、1/160までOKみたいだから1/125が安全SSだな。
それなりにアレコレ長時間試したが極普通に動作してるみたいだ。


で!何が大事かというとオリだけならこれでいいが、改造したものがCanonで動作するかどうかだ。

d0207730_1350475.jpg

あれ? した。。。すごいな。 
でも接点がどうEOSに作用するかわからんので、改造した603はCanonでは受信機専用だな。


d0207730_13532748.jpg
改造しても受信機として動作がちゃんとするかというのも確認だ。
動作OK。

TTLの622になって(めっちゃデカデカになって)ほとんどが改善されたけど
実際使っててホントーにイライラするのは
d0207730_13544882.jpg
シューロックが無いこと。

スタジオとかでただの送信機としてならまぁまだいいんだ。
(でも何かでちょっとズレると光らないから「あり?」ってなって押しこむ時ちょいイラっとはする)

簡易な出先集合写真とかで2灯ん時とかこんな風に1灯は上にのっけるんだけど
そんときにグラグラ危ういんだわ。すぐに ズルリ...ってズレて気づかず不発とか焦るし恥ずかしい。

d0207730_1402860.jpg
あとどこでも書いてて買う前から知ってるのに、使ったらホンマにムカつく触れないON/OFFスイッチ(装着時)。
たぶん作った中華人も「できたー!」「・・・あ( ̄□ ̄;)!!」って感じだったじゃないかな。


とまぁもう使ってる人はバリエーションが増えるし
これから買おうとか思ってたらCanonとOLYMPUSは共存できるということ。
Nikonは知らんけど、NikonとPENTAXはそのまま無改造で使えるらしい。
前にも書いたがストロボはさすがに今は専用だよなと思ってたけどけっこう融通効くのね。

あと、ディップスイッチもネットのどこかに書いてあったのの受け売りだけど
単体でレリーズ動作、テスト発光できるようになるんだ。 

ということはどういうことかというと、、、
まだ到着してないから写真無いけど、ミニジャックに繋がるレリーズのケーブルバリエーションさえあれば
全てのカメラで無線レリーズができることになるのだ。
コレはほんとにありがたい。

ただしその各社ミニジャックの接続コードが日本じゃちょっとボッタな値段だったりする。
よくできてるねー、世の中ってみんな商売人だ。
[PR]
by shonencamera | 2013-11-15 22:21 | tips(小ネタ) | Comments(0)


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

カナレ 極細ギターケーブルは..
at 2017-11-22 12:00

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ