マシンガンストロボ  NISSIN MG8000 インプレその1

買ったぞ。マシンガンストロボ。 長いから興味あるヤツだけ読めな。
d0207730_7534366.jpg

ニューカマーな機材はクリップオンストロボ、ニッシンの戦うストロボ MG8000
ほぼカメラ系じゃなさそうな名前からも明白なコイツの武器は強靭なクオーツ発光部。簡単に言えば熱に強い。
連続発光の自己ヒートで自爆しないようそこだけに集中して開発をされて生まれてきた言わばストロボの傭兵。
完全に用途を理解して同価格帯の純正600EXを選択肢から涙を飲んで捨てることができた大馬鹿野郎だけがチョイスする、
今のところオンリーワンなストロボ。

d0207730_8104754.jpg

絞り込んだ過酷なテーブルフォトテスト撮影でわかったことはTTLはまぁ安定しているのですごく安心した。
修理上がりの580EXが若干不安定なので、メインはほどなくこれに変わることだろう。
けっこうな数の連続発光してみたが、熱くなることは無く、手で触れても大丈夫だった。
これは使えそうだ。


ただ・・・ いいとこがあればそうでないトコも。。。 辛辣だが正確に書くぞ。

液晶がカラーという点はアピールポイントだそうで僕も楽しみにしてたが、懐かしのGAME Watchレベル。
触った途端に解るボタンや液晶の反応、レスポンスは恐ろしく眠たく、弁当が要るほど遅い。
更にメニュー内に入ると、原始時代や石器時代かと思うほどのクソなセレクト画面。
21世紀にもなってこんなメニューしかクリエイトできないのは情けない、現役芸大生、もしくは少しヲタ系の中高生に任せたとしたら、完璧にこの1兆倍はステキなメニューを提供してくれるに違いない。
ちょっと触っただけでも、すぐに操作系の酷さがリアルに感じることができる。
何度も最初の画面に戻されてイライラ・・・。
カラー液晶の意味なんて全くゼロで価値が見いだせない、自己満足の領域でしかない。
屋外では黄色なんか最強に見辛くどうしようもないクズになる。

純正ってやっぱよくできてるよなぁと、感じるのは外品を使ったこういう瞬間。
シグマやタムロンの初期を思い出さずにはいられない。シグマなど、最初は本当にリアルクソだった。

インターフェイスだけで言えば今まで触ったストロボの中でほぼサイテーに近い
大事な点だと思うので正直にもう一度書こう。。。
操作感は史上最低級クソったれ びっくりするよホント(・へ・)だって高いんだよ、コレ。

本当に購入を考えてる人は、一度実機を触ってみることを強く推奨する。
きっと設定画面でピコピコと押す度に怒りと落胆が増幅し、なんてことをオレはしようとしていたんだろう・・・と天を仰ぎ、「先に触れ、と言ってくれてありがとう!」と、少年カメラに感謝することだろう。
モノクロ画面で全然イイし、ボタンやダイアルまみれの旧式のトラディショナルなインパネが如何に人間的に優れたか、急場に全てをオペレートすることができたかが染みてくる。

もしこれを読んで、それでも構わぬぅ!という僕を上回るM型馬鹿野郎は同志になれ、そして触る度に失禁し悶絶しろ。

パワーパックつないで1D連射Hで数十枚楽勝で追従
FP発光ヒートで強制ストップとかから開放される 様々な状況でひたすらタフに光り続けてくれるであろう
それだけがコイツの存在価値だ。それ以外はクソだ。一般人は素直に600EXを選んだ方が1000倍幸せになれる。

ま、細かいトコは次機に期待してお布施だ、お布施。 どの業界でも同じようなもんだ。

しかしメーカーはこれで販売GOするのを躊躇わなかったのだろうか?
これじゃぁちょっと恥ずかしいなぁ...え?出すの? とか思わなかったんだろうか?
エキスポのYOUTUBEなどを見ていると、どこからどうしてこういう自信たっぷりのセールスワードが出てくるのか理解できない。


そうかと思えばボディの造りは意外に良く、しっかりとして安っぽさは感じない。
握ってもひねっても中華や台湾の「まぁどうせパチもんだし、このくらいで手をうってよ?」っていう感じが伝わらないので合格。
ヘッド部はロックが無く、いつまで持つのか期待してみようという気にさせる節度あるクリックが効いている。
好みは様々だろうが僕はロックがキライ、できれば要らない派。
バッキバキ!メキメキ!と回さないと動かないくらいめっちゃ硬いクリック付の方が現場ではありがたい。

電池室は蓋ではなく、クイックロード方式。
いずれ必要だから買うだろうが、なんでこんなchinaプラッチックと金具の組み合わせが2000円もするのか理解に苦しむ。
3coinか5coinの店で売っててもおかしくないくらいの程度。
そういうトコでセコく小銭を稼ごうとするな。もっと大乗的に本体で儲けろ。
それか本体にスペア1個セットしてソーっと定価に上乗せしろ、納得したモノに出すことは惜しまん。
納得しないから文句言うのだ。

さて、MG8000、既に操作ボタンの右側のクリック感が無い(-_-メ)オィ
chinaクオリティが少し滲んでみえるようだ。僕の目にも何か滲んできてしまう(;_;)アホー

それでもコレはクオーツ発光管を使った唯一無二のクリップオンストロボ。(他にもあるの?あったら教えて)
おそらく近いうちに新しい液晶やクイックになったインターフェイスを用いた2型が出るだろうし、とっとと出て欲しい。てか、はよ出せ。
それほど今の状態は最低のクソ金のキラキラ原石が交じり合った全くチグハグな状態に感じる。

早く発光だけピカイチじゃなく、操作してても気持ちの良い最高のストロボに昇華して欲しいと思う。
性能(ヘッド部)やコンセプトは素晴らしいからだ。

ニッシン、めっちゃくちゃ微妙だけど、応援したいのはしたい。

MG8000のレポートはこれからガンガン使い倒して良い点も悪い点も包み隠さず継続UPする。
発表会やら披露宴、入学式など、いい機会が目白押しだ。
[PR]
by shonencamera | 2013-03-18 02:30 | ストロボ系 | Comments(6)
Commented by じょんびー at 2013-03-18 08:09 x
全然わからんけど、笑かしてもろたわー
文章読みながら失神して悶絶しそうやったわ(笑)
Commented by shonencamera at 2013-03-19 12:17
全然わからん人にさえ悶絶させたのか・・・ 恐るべしMG8000!!(笑)
Commented by for→Dreami'n at 2013-03-20 14:25 x
毎度勉強になります!僕も液晶パネルの部分が気になってたので『やっぱそうか。。。』と(笑)
Commented by shonencamera at 2013-03-21 01:45
あれ? 悶絶ブラザーズに加わるとおもってたのに~(笑)
背中押すよ、いっとこいっとこ♪
Commented by 脱力 at 2013-03-27 20:27 x
googleからmg8000を検索したらこのブログがヒットしました。
失神、悶絶したくて、本日mg8000購入しました。
購入に至った8割は、このブログを読んだことです(笑)
明日到着するみたいなので、土曜日の現場で使ってみようと思います(笑)

Commented by shonencamera at 2013-03-28 07:25
ふっふっふ(笑)いらっしゃいましー
やっぱりきましたね( ̄ー ̄)ニヤリ MGブラザーズ
今日の夜はきっと金縛りにあうことでしょう。 
でもね、実戦で使ったらすごく頼れるなぁ、コイツ と思いますよ。
またインプレ聞かせてくださいね、僕は他人のインプレが知りたい。すごく。
それと...お書きの「失神」くらいだったらいいんですが、「失禁」ですね、失禁。
大きい方はダメですょ、なんとかこらえてください。あとが大変です、きっと。


写真とカメラが大好き少年カメラ


by shonencamera

プロフィールを見る

最新の記事

LIPO ミニカム
at 2017-03-20 15:06

カテゴリ

全体
ローライフレックス
スプリングカメラ
tips(小ネタ)
ハッセルブラッド
フレクサレット
ブロニカS2
ミノルタ オートコード
その他のカメラ・レンズ
ブローニー・ボックスカメラ
レースとか
EOS(フィルム)
EOS(デジ)
ライカ
PENTAX LX
PENTAX 67
業務連絡
アクセサリー系
movie
フェイバリットなコト
単車系
徒然事
音楽のコト
PENTAX Q
ストロボ系
OLYMPUS PEN-FT
ストラップ
OLYMPUS
プチ鉄
天体・その機材他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

タグ